オクラの花言葉とは?意味は?花オクラとの違いって何

195304

 

オクラはあのネバネバの実から

想像できないくらい上品な花を咲かせます。

 

そして、そんなオクラの花言葉は

とても乙女チックなものです。

 

今回はオクラの花言葉とその由来、

食用にされる「花オクラ」との違いを

解説していきます。

 

 

オクラの花言葉

 

195306

 

とてもキレイなお花を咲かせる

オクラの花言葉は、

 

恋の病

恋によって身が細る

 

などです。

 

 

オクラの花言葉の由来とは?

 

オクラの花言葉は

オクラの実の見た目と

成長の仕方が由来になります。

 

 

オクラの花は1回しか咲かず、

早朝に咲いて、早ければ

午前中でしぼんでしまいます。

(長くても夕方ぐらいまで)

 

たった数時間でオクラの花の姿は

変わってしまうのです。

 

花がしぼむと急激に成長するのが

実の部分です。

 

花が咲いてから、1週間後ぐらいに

実は食べれるようになります。

 

しかし、

すぐに収穫しないと成長しすぎて、

固くなってしまい、食べれなくなります。

 

 

たった数日でふんわりした花から、

鋭い実に変わる様子が

恋にドハマリして、痩せてしまう姿に

なぞらえたということです。

 

ちなみにオクラには「金欠病」という

花言葉もあります。

 

「金欠病」といのは、

お金が足りなくて困っていることを

病気に例えることです。

 

オクラが成長して細くなることを

お金がなくなっていくことに

なぞらえたのかもしれません。

 

 

花も食べられる「花オクラ」とは?

 

「花オクラ」という花を食用にしたものが

あるのですが、

実はあれはオクラの花を食べているのではなく、

別の品種になります。

 

花オクラは「トロロアオイ」と呼ばれている品種で、

オクラと似た花を咲かせるので

「花オクラ」と呼ばれています。

 

「花オクラ」は花を食べるために

作られたものなので、

実の部分は食べません。

 

オクラの実と違って、

花オクラの実は硬くて、短くて

食用には向かないのです。

 

根のネバネバ粘液は製紙用のノリとして

使われたり、

漢方で使われる場合は

胃腸炎や喉の薬として利用されています。

 

 

トロロアオイの花言葉

 

195307

 

オクラと同じように「トロロアオイ」にも

花言葉はあります。

 

トロロアオイの花言葉は、

 

あなたを信じる

整然とした愛

知られぬ愛

「恋によって身が細る」

 

などがあります。

 

オクラと同じ意味のものありますが、

違うものもあります。

 

 

ちなみに「知られぬ愛」という花言葉は、

美しい花が1日で枯れてしまうことから

由来しています。

 

相手に知られることなく、

私の恋は終わってしまうのだろう~と

ちょっと悲しい花言葉です。

 

 

まとめ

 

オクラの花言葉は

「恋の病」「恋によって身が細る」

「金欠病」

 

花オクラ(トロロアオイ)の花言葉は、

「あなたを信じる」「整然した愛」

「知られぬ恋」「恋によって身が細る」

 

オクラと花オクラは違う種類です。

 

オクラは実を食べる

花オクラは花を食べます

 

 

オクラの花言葉である痩せるほどあなたが

好きというのは、解釈の仕方によっては、

ちょっと重いです。

 

 

 

恋人にオクラの花を贈るのは

注意したがほうがいいですね。




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事





コメントは受け付けていません。