アカモク・めかぶ・もずくの違い!栄養・効能で比較

195241

 

アカモク・めかぶ・もずくは、

ぱっと見た感じはだいたい一緒にみえますよね。

 

見た目は似ているのですが、

けっこう違いがあります。

 

今回はアカモク、めかぶ、もずくの

違いについて解説していきます。

 

健康効果を期待して食べるなら、

どの海藻がいいのかもご紹介しますね。

 

 

海藻とは

 

アカモク、めかぶ、もずくの

違いを説明する前に、

海藻について簡単にふれておきます。

 

 

海藻は3種類

 

海藻は大きく分けると

3種類になります。

 

緑藻(りょくそう)

例:青海苔(アオノリ)

 

褐藻(かっそう)

例:アカモク、ワカメ、めかぶ、もずく

 

紅藻(こうそう)

例:スサビノリ(私たちがよく食べているノリ)

 

緑色、褐色、赤色と

色によって分けられています。

 

大きく分けると、

アカモク、めかぶ、もずくは

同じ種類のものになります。

 

細かくは順にみていきます。

 

 

アカモクとは

 

 

アカモクは褐藻類

ヒバマタ目ホンダワラ科に属する海藻です。

 

褐藻類というのは

褐色を示す海藻のことで、

 

コンブ・ワカメの属するコンブ目

ヒジキの属するヒバマタ目

 

などがあります。

 

 

アカモクは生命力がとても強く、

大きいもので8mぐらいまで成長します。

 

アカモクは地域によって、

呼び名が変わります。

 

秋田なら「ギバサ」

山形なら「ギンバソウ」

宮城なら「バツモ」

 

と呼ばれています。

 

 

主に日本海側で食べられており、

こんぶやワカメなどがたくさん採れる

太平洋側であまり食べる習慣はありませんでした。

 

しかし、近年、ミネラルや食物繊維、

ポリフェノールをたくさん含む点から、

健康にいい食品として注目が集まり

全国で食べられるようになっています。

 

 

めかぶとは

 

195243

 

めかぶは「ワカメの根元部分」にあたります。

ワカメの生殖細胞が集まったところです。

めかぶとワカメは同じものなんです。

 

といっても、ワカメともずくでは

含まれる栄養が少し異なります。

 

例えば、

 

100gあたり(食品成分表より)

  めかぶ わかめ
カリウム 88mg 730mg
ナトリウム 170mg 610mg

 

このようにかなり違うものもあれば、

食物繊維のように

ほぼ同じぐらい含まれているものもあります。

 

 

もずくとは

 

1952242

 

褐藻類ナガマツモ目モズク科に属する

海藻です。

 

漢字で書くと「藻付」。

他の海藻にくっつくことから、

この漢字がつけられました。

 

もずくはたくさんの種類がありますが、

大きく分けると、

「糸もずく」と「太もずく」の2種類です。

 

「糸もずく」は細くてなめらかな口当たり。

「太もずく」は歯ごたえのあるコリコリ食感が

特徴です。

 

 

アカモク、めかぶ、もずくは大きく分けると

褐藻類の海藻で同じものです。

 

細かく分けると、

 

●アカモクはヒバマタ目

●めかぶはコンブ目

●もずくはナガマツモ目

 

となります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

アカモク・めかぶ・もずくの栄養・効能の違い

 

この3つ海藻はどれも

いろいろなミネラルが含まれており、

カロリーが低いのが特徴です。

 

健康やダイエットを意識してる人にとって、

安心して食べることができます。

 

また、近年かなり注目されている

「フコイダン」という食物繊維も、

どの海藻にも含まれています。

 

 

フコイダンは免疫系に働きかけて、

アレルギー症状を改善する効果が

期待できるとされています。

 

免疫力は花粉症にも

大きく関わってくるので、

花粉症に困っている方はフコイダンを

摂るといいでしょう。

 

フコイダンはアカモクが1番、多く含まれています

アレルギーに悩んでいる、

免疫力を強くしたい方は

アカモクを食べましょう。

 

 

アカモク・めかぶ・もずくの栄養成分表

 

100gあたり

  アカモク めかぶ もずく
エネルギー 19kcal 11kcal 4kcal
カルシウム 107mg 77mg 22mg
マグネシウム 91mg 61mg 12mg
カリウム 1165m 88mg 2mg
1.6mg 0.3mg 0.7mg
食物繊維 5.5g 3.4g 1.4g

 

参照:アカモク:日本調理科学会誌 38巻72-76ページ、水産増殖 57:549-556ページ

めかぶ、もずく:日本食品標準成分表

 

 

骨や歯の健康を守ってくれる

「カルシウム」や「マグネシウム」なども

アカモクが多く含まれています。

 

表をみるとわかりますが、

だいたいの栄養素はアカモクが

1番多いです。

 

健康的な効果を期待して食べるなら、

アカモクがおすすめです。

 

アカモク、めかぶ、もずくを3つの中で、

もずくが他の2つと比べると

栄養素は少ないです。

 

その分カロリーは低いです。

 

 

まとめ

 

アカモク、めかぶ、もずくは

褐藻類で同じ種類の海藻。

 

細かくみると、

 

●アカモクはヒバマタ目

●めかぶはコンブ目

●もずくはナガマツモ目

 

となります。

 

栄養成分でみると、

1番多いのはアカモクなので

健康効果を期待するなら

アカモクを食べましょう。




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事





コメントは受け付けていません。