さつまいもを常温で保存すると何日ぐらいもつ?賞味期限は

 

低温や乾燥に弱い

さつまいもを常温で、

保存する方法をご紹介します。

 

そして、

保存したら何日ぐらいもつのかも

ご説明いたします。

 

 

さつまいもを常温で保存する方法

 

【芋掘りで持ち帰った場合】

 

 

芋掘りで持ち帰ったさつまいもは

まず土がついた状態で、

雨の当たらない日かげにおいて

3~5日ほど乾燥させます。

 

乾燥させてから、

土を払うときれいに落とすことができます。

 

土を落とすために、

水洗いはNGです!

 

※さつまいもは水分に弱いので、

土を落とすために水洗いをすると

腐りやすくなります。

 

それから、1本ずつ新聞紙で

包んで通気性のいい入れ物

(ダンボールや紙袋)に入れて、

冷暗所で保存します。

 

 

【スーパーで買った場合】

 

ビニール袋に入っている場合は、

まずビニールから出します。

 

※さつまいもは生きているので

ビニール袋で密閉していると、

二酸化炭素がたまって、

傷みやすくなります。

 

それから1本ずつ新聞紙で包み、

通気性のいい入れ物に入れて

冷暗所で保存します。

 

 

・保存温度は13℃~15℃

 

さつまいもの保存に適している

温度は13℃~15℃です。

 

そして、直射日光が当たらない場所に

保存しましょう。

 

さつまいもはあつすぎると

芽が出てしまいます。

(約18℃を超えると発芽)

 

暖房が入ってる室内での

保存は適していません。

 

また寒すぎると傷んで

ダメになります。

(約9℃以下になると傷んでくる)

 

お家に土間や床下収納があればいいのですが、

なければキッチンや廊下、

玄関など日が当たらない場所で

保存しましょう。

 

 

・湿度も大事

 

さつまいもは湿度が高いところでの

保存が好ましいです。

 

適正湿度は85~90%。

 

 

何日ぐらいもつの?

 

 

お店で買ってきたさつまいもを

常温で保存する場合は、

1ヶ月ぐらい目安にしましょう。

(30日ぐらいです)

 

芋掘りや家庭菜園で採った

さつまいもなどは

上手に保存すれば、

3ヶ月ぐらい

保存も可能です。

 

 

お店で買ってきたさつまいもの

保存期間が短いのは、

 

出荷するときに、

土を落とすために洗浄しているから

 

です。

 

一度、さつまいもに水分がつくと、

傷みやすくなります。

 

長く保存することは

難しいです。

 

 

まとめ

 

さつまいもを常温で保存する方法

 

●一本ずつ新聞紙で包み、

冷暗所で保存する。

 

●温度は13度~15度

 

●湿度は85%~90%

 

●保存できる日数は1ヶ月

 

 

切ってしまったさつまいもや、

気温が高い季節は

常温で保存することはできません。

 

そのような場合は、

冷蔵や冷凍で

さつまいもを保存します。

 

冷蔵や冷凍で保存する方法は

下記の記事で書いているので、

よければ参考にしてみてくださいね。

 

→切ったさつまいもや冷蔵庫での保存方法




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事





コメントは受け付けていません。