切ったさつまいもや冷蔵庫での保存方法

163072

 

料理で使ったなど、

切ってしまったさつまいもの

保存方法をご紹介します。

 

そして、寒さに弱いさつまいもの

冷蔵庫での保存のやり方も

あわせてご説明いたします。

 

 

冷蔵庫で保存する方法

 

「さつまいも」とはその名の通り、

薩摩地方(今の鹿児島県あたり)から

広まった野菜です。

 

暖かいところで栽培されるため、

さつまいもは寒さに弱いんです。

 

さつまいもの保存に適している温度は、

13度~15度

 

冷蔵庫に入れると寒すぎて、

早くダメになっちゃいます。

 

気温が低い季節は、

日の当たらない

常温で保存するのが

オススメです。

 

でも、気温が高くなる季節に

常温で保存すると、

さつまいもが傷んでしまいます。

 

また、さつまいもは

暖かい環境(約18度以上)だと

芽が出てしまい、

糖分を吸い取ります。

 

 

気温が上がってきたら

どうするかというと、

 

冷蔵庫の野菜室

保存します。

 

野菜室の温度は

だいたい5~7℃。

(冷蔵室は約3℃~5℃)

 

野菜室の温度は

冷蔵室よりは高いですが、

まださつまいもを保存するには

寒すぎるんですね。

 

だから、野菜室に

さつまいもを保存するときは、

そのまま入れてはダメなんです。

 

野菜室で保存するときは、

1本ずつ新聞紙でさつまいもを包み、

さらにビニール袋に入れるようにしましょう。

(口は軽く閉じるぐらい)

 

切ったさつまいもの保存方法

 

 

切ったさつまいもを

冷蔵庫で保存する場合、

切り口をラップで包みます。

 

そして、ポリ袋に入れて、

野菜室で保存しましょう。

 

保存期間の目安は1~2

 

切ったさつまいもは

とても傷みやすいので、

冷蔵保存よりも

冷凍での保存がオススメです。

 

 

冷凍で保存する方法

 

さつまいもを冷凍するときは

加熱してから、

冷凍するようにしましょう。

 

さつまいもを冷凍保存する方法は

2種類あります。

 

焼き芋で冷凍

つぶして冷凍

 

の2つです。

 

 

焼き芋にして冷凍

 

1.さつまいもを洗う

2.レンジやオープンを使って焼き芋にする

3.冷めたら、冷凍用保存袋に入れて冷凍

 

 

ゆでてつぶしてから冷凍

 

1.皮をむいて、熱湯で茹でる

2.柔らかくなったら、マッシャーで潰す

3.冷めたら、冷凍用保存袋に

いれて平たくして冷凍

 

保存期間の目安は1ヶ月

 

 

文字だとわかりにくい場合は

この動画を参考にしてみてくださいね。

 

 

記事に書いていない

常温保存のやり方も紹介されてますよ。

 

 

解凍方法

 

使う日の前日に

冷蔵庫に移して、自然解凍。

 

使う直前に電子レンジで加熱して

解凍してもOKです。

 

味噌汁の具材などにするときは

解凍せずにそのまま入れましょう。

 

 

まとめ

 

さつまいもを冷蔵庫で

保存するときは、

 

1本の場合は、1本ずつ

さつまいもを新聞紙に

包んで、ポリ袋に入れて、

軽く口を閉じる。

 

切ったさつまいもは切り口にラップをして、

ポリ袋に入れて、

軽く口を閉じます。

 

そして「野菜室」で保存します。

 

 

さつまいもを「冷凍」で保存する場合は、

生ではなく、加熱してから

保存をします。

 

「焼き芋にして、そのまま冷凍」

「加熱したイモをつぶして、冷凍」

 

の2つのやり方があります。




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事





コメントは受け付けていません。