レタスがピンクや茶色に変色!食べれるの?防止方法は?

188101

 

「ピンクや茶色に変色したレタスは

食べることができるのか?」

 

「変色を防止する方法はあるのか?」

 

などの疑問について、

お答えします。

 

 

ピンクに変色したレタスは食べれるの?

 

ピンクに変色したレタスは、

食べることができます

 

赤色に変色したレタスも

食べることができます。

 

レタスが

ピンクや赤色に変色する原因は

ポリフェノールです。

 

このポリフェノールは

体に害をあたえる

物質ではありません。

 

レタスがピンクに変色する原因

 

新鮮なレタスの芯をきると、

白い乳状の液体がにじみ出てきます。

 

白い液体の正体は

ラクチュコピクリン」という

ポリフェノールの一種です。

 

この「ラクチュコピクリン」が空気にふれて、

酸化するとピンク色に変色します。

 

「ラクチュコピクリン」は

害虫などからレタスを守る効果があり、

とっても苦いです。

 

レタスが変色する理由は

カットした部分を酸性にして、

害虫を追い払うため。

 

レタスもただ食べられるだけでなく、

生き残るために必死なんです。

 

変色したレタスの食べ方

 

ピンクや赤色のレタスは

食べることはできるんですが、

苦いです。

 

苦いのでソースなどで味付けをして

色や味をごまかして、

たべることになります。

 

色がどうしても気になる方や

苦味が嫌な方は

無理にたべるのはやめましょう。

 

茶色に変色したレタスは食べれるの?

 

ピンクや赤色のレタスを

さらに放置して、茶色になってしまった

レタスは

 

食べることはできません!

 

茶色や黒色に変色したレタスは

腐っている証拠。

 

変なニオイやドロッとした感じに

なっていても腐っているので、

食べないでください。

 

スポンサーリンク

 

 

レタスの変色を防止する方法

 

包丁でカットしない

 

新鮮なレタスはポリフェノールが

多く含まれています。

 

ポリフェノールが多い野菜を

鋼の包丁でカットすると、

鉄と反応して切り口が変色します。

 

鋼以外の

セラミックやステンレスだったら、

大丈夫というわけでもありません。

 

刃物でレタスを切ると

細胞を切断することになり、

壊れた細胞から酸化酵素が出てきます。

 

またまたこの酸化酵素が空気にふれて、

変色します。

 

 

これだけ色が変わりやすいレタスの

変色を防ぐ方法は

 

手でちぎる

 

たったこれだけです。

 

手でちぎれば包丁で切ったときと比べ、

壊れる細胞が少なくなって

酸化を防げます。

 

また、手でちぎると切断面の面積が

大きくなって、ドレッシングなどの

調味料が絡みやすくなります。

 

 

切ってすぐたべる場合は

包丁で切ろうが手でちぎろうが

それほど気にする必要はありません。

 

ちょっと時間があいてしまうときは

手でちぎるようにしたほうがいいでしょう。

 

 

スーパーで選ぶときの注意点

 

188102

 

スーパーでレタスを買うときは

上の写真のように

産地で包装されているレタスを選びましょう。

 

市場からスーパーにくる

レタスは2種類あります。

 

 

包装されたレタス

包装されていないレタス

 

スーパーでは

包装されたレタスはだいたい

そのままお店に出します。

 

包装されていないレタスは

芯の部分を薄く切ってから、

お店に出します。

 

この芯を切ったときに

葉に白い液体がついてしまい、

変色しやすくなります。

 

変色しにくいレタスが欲しいなら、

産地で包装されたレタス

選びましょう。

 

 

芯につまようじを刺す

 

まるごとレタスを買ってきて、

冷蔵庫で保存するときは

芯につまようじを刺しましょう。

 

芯につまようじを刺すだけで、

芯の部分が変色しにくくなり

シャキシャキも長持ちします。

 

やり方はこの動画を参考にしてください。

 

 

 

まとめ

 

●ピンクや赤色に変色したレタスは

食べることができる。

 

●茶色や黒色に変色したレタスは

食べることはできない。

 

●カットするときは

手でちぎる。

 

●保存するときは

芯につまようじを刺す。

 

レタスは色が

変わりやすい野菜です。

 

カットしたものは次の日には

たべるようにしましょう。




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事



コメントは受け付けていません。