父の日に送る旬のおすすめフルーツ【2018】

185311

 

父の日、6月に旬をむかえる

フルーツをご紹介します。

 

父の日に旬を迎えるフルーツ

 

 

 

ハウス栽培でつくった桃が

旬の時期となります。

 

ハウス栽培の桃は雨風に当たらない、

虫や鳥の害にあわないので

高品質できれいです

 

また、しっかりと熟してから

収穫するので

甘さもバッチリです。

 

 

夕張メロン

 

185313

 

夏のぜいたくといわれる

夕張メロンが旬です。

 

夕張メロンは

たった3ヶ月しか出荷されません!

 

その短い期間で、

特においしいと言われているのが

6月夕張メロンです。

 

 

さくらんぼ

 

 

さくらんぼの王様である

佐藤錦」が旬となります。

露地栽培でつくったものが旬です。

 

露地栽培のさくらんぼは

太陽の光をいっぱい浴びて、

粒が大きくなります。

 

 

露地栽培でつくる

佐藤錦の旬はとても短いです。

 

さくらんぼの実は雨に当たると

実が割れてしまいます。

 

実が割れると

もちろん商品になりません。

 

雨が多い梅時期と

旬がかさなるので、

どうしても旬は短くなってしまいます。

 

 

すいか

 

 

ハウスものがおわり、

露地ものが出回る時期。

 

鳥取県産の「大栄すいか」が

ちょうど旬を迎えるのでおすすめです。

 

 

ぶどう

 

185312

 

6月はハウス産のぶどうが

出回る時期です。

巨峰」「ピオーネ」などがおすすめ。

 

 

”ブドウの女王”と呼ばれる

マスカット・オブ・アレキサンドリア」も

おすすめです。

 

お酒好きのお父さんには、

このマスカットを使った

ワインを送るのもいいでしょう。

 

 

その他、旬をむかえるフルーツ

 

他にはすもも、夏みかん、びわなども

旬となります。

 

 

父の日にフルーツを送るときの注意点

 

フルーツは農産物なので、

お天気の影響をもろに受けます。

 

このため日により、

出荷量が変わってしまいます。

 

父の日にお届けできないことが

あるので気をつけましょう。

 

 

といっても、

 

出荷日がずれるのは、

農家さんがちゃんとおいしいものを

選んで届けてくれている証拠。

 

父の日だからといって

まだ熟していないフルーツを

送ってくるほうが問題です。

 

まあ、多少遅れても

お父さんは優しいので、

許してくれるでしょう。




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事



コメントは受け付けていません。