ルッコラの栄養と効能!美肌や体のサビ取りに

179091

 

ルッコラに含まれる

栄養と効能など

わかりやすく~ご紹介していきます。

 

 

ルッコラの栄養

 

ルッコラにはさまざま栄養素が

含まれていますが、

その中で注目すべきは

 

●βカロテン

●ビタミンC

●アリルイソチオシアネート

●カルシウム

 

となります。

 

 

βカロテン

 

ルッコラは

緑黄色野菜

βカロテンが豊富に含まれています。

 

※緑黄色野菜とは

可食部100g当たりβカロテン当量が

600μg以上の野菜のことをいいます。

 

 

ルッコラのβカロテンの量は

ニンジンよりは少ないですが、

ニラや小松菜よりは多く含まれています。

 

βカロテンは体を老化させる

活性酸素を取り除く働きがあります。

 

 

ビタミンC

 

ルッコラに含まれるビタミンCの量は

100gあたり66mg

 

ビタミンCの1日の目安量が

100mgとなります。

 

ビタミンCが豊富なピーマンと

同じぐらいの量となります。

 

⇒ピーマンのビタミンCが加熱に強い理由

 

 

カルシウム

 

日本人が最も不足しやすいと

いわれているミネラルが

「カルシウム」です。

 

そんなカルシウムが豊富に

含まれているのがルッコラです。

 

ルッコラに含まれる

カルシウムの量は野菜の中で

トップ10に入ります。

 

 

ルッコラにはカルシウムの

骨作りを助けてくれる

マグネシウム」や「ビタミンK」も含まれています。

 

女性に多い骨粗しょう症の予防や

骨を丈夫にしたい方などに

おすすめの野菜です。

 

「カルシウム」や「マグネシウム」以外にも

ルッコラはミネラルが豊富で、

 

●鉄

●リン

●カリウム

 

などが含まれています。

 

 

カリウム」は

むくみの原因・カルシウムの吸収を妨げる

「ナトリウム」を排出してくれます。

 

 

アリルイソチオシアネート

 

アリルイソチオシアネートとは

辛味成分のことです。

 

わさびや大根にも

含まれています。

 

食欲増進

消化・吸収を助ける効果があります。

 

 

これらの栄養素以外にも、

血液をつくるのに役立つ「葉酸

腸内環境を整える「食物繊維」なども

含まれています。

 

スポンサーリンク

 

 

ルッコラの効能

 

美肌づくり

 

βカロテンやビタミンA・C・Eが

含まれるルッコラは美肌づくりに

いい野菜です。

 

アリルイソチオシアネートも

肌の老化を防ぐ成分です。

 

ルッコラは

紫外線対策、

肌の老化を防ぐのに役立ちます。

 

 

また、ルッコラはクレオパトラが

美しさを保つために食べたとも

いわれています。

 

下記の野菜と一緒にたべると

かなり美肌づくりに役立つでしょう。

 

⇒美の女王も愛した野菜

 

 

体のサビ取り

 

金属がさびるように

人の体も活性酸素の影響で

さびていきます。

 

活性酸素というのは、

ガンをはじめとする

多くの生活習慣病の原因となります。

 

この厄介な活性酸素を

除去してくれる成分が

「βカロテン」や「ビタミンC・E」です。

 

「アリルイソチオシアネート」も

活性酸素を除去してくれます。

 

 

骨づくり・骨粗しょう症の予防

 

 

 

ルッコラはカルシウムが

多く含まれています。

 

カルシウムは骨づくりに必要な

栄養素です。

 

女性に多い骨粗しょう症の予防にも

役立ちます。

 

 

最後に

 

ルッコラの旬は春と秋になります。

 

春は冬の間にたまった肌のダメージが

現れやすくなります。

 

秋は夏に受けた紫外線の影響で

肌トラブルが増える時期です。

 

 

肌トラブルが増える季節の変わり目に

タイミングよくルッコラが旬となります。

 

旬の時期の野菜は

栄養素がアップします!

 

春や秋に、

「お肌をキレイにしたい~」と思っているなら、

ルッコラを食べるといいでしょう。




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事



コメントを残す