アカモクの食べ方5選!生食が絶対にNGな理由

174231

 

「アカモクって、

どうやって食べたらいいのか

わからない」という方のために、

5つの食べ方をご紹介します。

 

そして、アカモクを絶対に

生食してはいけない理由についても

説明いたします。

 

 

アカモクの食べ方5選

 

汁ものにいれる

 

味噌汁やスープなどに

アカモクを入れます。

 

アカモクは冷たいままだと、

体を冷やしてしまうので

温かい食べ物と混ぜるといいです。

 

 

旅行中に便秘になりやすい人は

乾燥アカモクを持っていくと

いいでしょう。

 

旅先で味噌汁などに入れて

たべると、

お通じがよくなって

旅がもっと楽しめます。

 

 

アカモクだし

 

山形の郷土料理である「だし」に

アカモクを混ぜてつくります。

 

材料

●アカモク:50g

●きゅうり:1本

●なす:1本

●しその葉:5枚

●しょうが:1片

●めんつゆ:大さじ2

 

 

作り方

①.なすをスライスして、

水につけて、アク抜きをする

 

②.なすの水を絞り、

みじん切り、他の材料も

みじん切りにします。

 

③.全ての材料をボウルに入れて、

アカモクを加えて

めんつゆを入れて、

ぐるぐると混ぜます。

 

④.粘りが出たら、

味をなじませるために、

少し冷蔵庫に入れて完成です。

 

 

このアカモクだしを

ご飯や豆腐にかけて

たべてもいいです。

 

 

ハンバーグに混ぜる

 

小麦アレルギーが

気になる方は

ハンバーグのつなぎとして、

アカモクの粘りを利用しましょう。

 

 

 

アカモクのポン酢和え

 

アカモクにポン酢を和えて

しょうがチューブを混ぜて、

完成です。

 

これだけで、

悪酔いと二日酔い予防

メニューになります。

 

きゅうりのせん切りや

イカやタコなど加えると

より効果的です。

 

 

ネバネバ小鉢

 

アカモクに

納豆、長いも、オクラを

混ぜてつくるネバネバ小鉢です。

 

ネバネバ度が上がると

ダイエットや糖尿病の予防

役立ちます。

 

⇒オクラのネバネバはダイエットや糖尿病の予防に役立つ

 

 

他にも餃子のあんこに

使ったり、

お好み焼きに加えてもいいでしょう。

 

 

アカモクは特にクセがないので、

和食、洋食、中華など

どんな料理でもあいます。

 

 

簡単に食べるなら、

ご飯や刺し身、豆腐など

何でも好きな食べ物に

のせると楽です。

 

 

アカモクの生食がNGな理由

 

 

アカモクは

ひじきと同じヒバマタ目ホンダワラ科の

海藻になります。

 

ホンダワラ科の海藻というのは、

海藻の中で例外的に

無機ヒ素の割合が高くなります。

 

 

アカモクもホンダワラ科なので、

ヒ素が含まれています。

 

だから、アカモクは

生のまま食べてはいけません!

 

きちんと調理して

食べましょう。

 

 

ヒ素が含まれており、

たべるのが怖いと思うかもしれませんが、

きちんと調理すれば

かなりのヒ素は除去することができます。

 

⇒ひじきのヒ素は「ゆでこぼし」で約90%除去できる!

 

 

生のアカモクをたべる場合は、

必ず上記の「ゆでこぼし」という

作業を行って、

ヒ素を除去してください。




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事



コメントは受け付けていません。