山芋の種類!長芋、自然薯、大和芋、イチョウ芋の違い

184052

 

たくさんの名前があって

迷ってしまう山芋の種類について、

解説していきます。

 

長芋、自然薯、大和芋、イチョウ芋の

違いについても、

カンタンに説明していきますよ~

 

 

山芋の種類

 

実は・・・・

山芋という種類の「芋」はありません。

 

ヤマノイモ科に属する芋類である

長芋自然薯大和芋などを

まとめて山芋と呼びます。

 

ちなみに山芋の正式名称は

「ヤマノイモ」です。

 

普段の生活で使う上では

「ヤマイモ」と言っても、

かまいません。

 

 

「ヤマノイモ」の品種

 

日本で栽培されている山芋は

形によって、

 

・ナガイモ群

・ツクネイモ群

・イチョウイモ群

 

の3種類となります。

 

自然薯は自生する野生型でしたが、

近年、栽培されるようにもなっています。

 

ヤマノイモ科ヤマノイモ属

ナガイモ種

●ナガイモ群  「長芋」など

●ツクネイモ群 「大和芋」など

●イチョウ芋群 「いちょう芋」など

 

ヤマノイモ科ヤマノイモ属

ヤマノイモ種

●「自然薯」など

 

 

長芋とは

 

184053

 

長い棒状の山芋で

原産は中国となります。

 

流通が多くスーパーなどでも

おなじみなのが長芋です。

 

おすすめの食べ方

 

やや水分が多いので、

細く切ってたべるとサクサク食感

楽しめます。

 

せん切りにして、

サクサクした食感を

そのままあじわうのもよし。

 

短冊切りにして、

サラダや酢の物にしてもいいでしょう。

 

 

大和芋とは

 

184051

 

大和芋は奈良県在来の

ツクネイモの品種となります。

 

関西で「大和芋」といえば、

だいたいツクネイモのことになります。

 

ツクネイモ群に分類される芋を

「山の芋」と

呼んでいるところもあります。

 

おすすめの食べ方

 

粘り気が強いので

とろろにするのがオススメです。

 

独特の粘り気から、

和菓子などにも利用されています。

 

煮物、揚げ物にするのもいいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

イチョウ芋とは

 

184057

 

イチョウ芋は名前のとおり、

いちょうの葉のような形をした

山芋のことです。

 

主な産地は関東となります。

関東ではイチョウ芋のことを

「大和芋」と呼んでいるところもあります。

 

関西と関東の人では

「大和芋」の認識が異なることがあるので、

注意が必要です。

 

おすすめの食べ方

 

粘りがナガイモ群とツクネイモ群の

中間ぐらいになります。

 

すりおろしやとろろ汁にするのがオススメです。

 

 

自然薯(じねんしょ)とは

 

184054

 

日本の野山に自生している山芋の一種で

細なが~く成長します。

 

天然ものは非常に粘り気が強いです。

栽培ものはアクが少なく、

まっすぐとした形になるものが多いです。

 

自然薯は日本原産となります。

学名Dioscorea japonica

 

ちなみに中国原産である

長芋の学名はDioscorea polystachya

となっています。

 

おすすめの食べ方

 

粘り気を楽しむためにも

とろろがオススメです。

 

 

まとめ

 

山芋という種類の芋はない。

 

長芋・自然薯・大和芋・イチョウ芋の違いは

原産地と粘りが異なります。

 

 

粘り気の強さは

 

大和芋自然薯>イチョウ芋>長芋

 

となります。

 

天然ものである自然薯のほうが

粘りが強い場合もあります。

 

天然ものの自然薯は

なかなか手に入りません。

 

ねっばり気が強いものを楽しみたいなら、

ツクネイモ群の大和芋を

たべましょう。

 

イチョウの形をしているのは

大和芋ではないので、

気をつけましょう~




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事



コメントは受け付けていません。