夜バナナダイエットの正しいやり方!バターぬりえから学ぶ失敗しない方法

174031

 

ピラミッドダービーで

バターぬりえが挑戦したのが

夜バナナダイエットです。

 

1週間、夜バナナダイエットを

続けた結果、

バターぬりえの体重は

マイナス0.7kg

 

 

今までのピラミッドダービーの

ダイエット企画と比べると、

それほど体重は

減りませんでした。

 

なぜ、バターぬりえは

あまり痩せることが

できなかったのか。

 

夜バナナダイエットで

失敗しないために

大事なことをご紹介します。

 

 

夜バナナダイエットのやり方

 

ピラミッドダービーでの

夜バナナダイエットのルールは

3つあります。

 

①.朝食、昼食は

普段の食事でOK

 

②.夜ごはんの前に

バナナ2本と200ccの水分を摂る

 

※水分とは糖質がない水分で、

水やお湯、お茶などのことです。

 

③.バナナをたべて、

30分後に夜ごはんをたべる

 

 

夜バナナダイエットで痩せる理由

 

便秘解消でやせる

 

 

便秘の状態だと

腸内環境が悪いので、

代謝が低く、栄養素も

うまく吸収できません。

 

その結果、脂肪を溜め込みやすい

太りやすい体になっています。

 

便秘を解消して、

腸内環境を整えると

太りにくい体をつくることができます。

 

 

バナナをたべると

お通じがよくなり、

便秘の解消にとても役立ちます。

 

バナナが便秘に有効なのは

食物繊維が豊富だからではなく、

オリゴ糖レジスタントスターチという

成分のおかげです。

 

「オリゴ糖」は善玉菌のエサとなり、

善玉菌が活性化して

腸内環境を整えてくれます。

 

腸内環境が整うと、

腸が元気になって

スルスルと便が出やすくなります。

 

 

「レジスタントスターチ」は

デンプンのことです。

 

このデンプンは小腸では消化されず、

大腸まで届きます。

 

そのおかげで

オリゴ糖のように善玉菌を増やして、

腸内環境を整える効果を

持っています。

 

 

代謝をアップさせる

 

バナナには

代謝をアップしてくれる

ビタミンB群やマグネシウムが豊富。

 

代謝が高いカラダは

脂肪の燃焼が活発になり、

やせやすくなります。

 

 

成長ホルモンを活性化

 

バナナに含まれる「アルギニン」という

アミノ酸は成長ホルモンを

活性化してくれます。

 

成長ホルモンは

老化防止や脂肪の

燃焼させる効果があります。

 

寝ているときに

成長ホルモンが最も分泌されるので、

夜バナナはダイエットに役立ちます。

 

スポンサーリンク

 

 

バターぬりえがあまり痩せなかった理由

 

バターぬりえが

夜バナナダイエットに

1週間、挑戦しました。

 

その結果、

体重は

86.5kg⇒85.8kg

 

マイナス0.7kgでした。

 

 

2017年4月2日放送までの

ピラミッドダービーのダイエット企画の中で、

最も体重が減らない結果となりました。

 

結果からみると、

夜バナナダイエットは

ダメだな~と思うかもしれません。

 

でも、この結果は夜バナナダイエットが

効果がないというより、

バターぬりえの食べ過ぎが

原因だと思われます。

 

 

玉子がけごはんを

丼で食べて、

カレーはご飯を大盛りでたべる。

 

アイスクリームをのせた

山盛りパンケーキ。

 

玉子や油ものなど

たべて、食べまくる。

 

なんでも食べてはいいとはいえ、

カロリーが高いものや

糖質が多いものを食べ過ぎです。

 

それでも、運動もせず

マイナス0.7kgも

体重を減らすことができたのですから、

夜バナナダイエットの効果は

けっこうあったといえます。

 

 

夜バナナダイエットに失敗しないポイント

 

 

夜ごはんの前に

バナナをたべるのは

夜ごはんの量を減らすためです。

 

夜ごはんの量を減らすことが

できなければ、

食べ過ぎで太ってしまいます。

 

 

バナナは意外と高カロリー

 

バナナというのは

白米や食パンと比べると

低カロリーです。

 

100gあたりのカロリーは

 

●バナナ:86kcal

●白米:168kcal

●食パン:264kcal

 

 

白米や食パンと比べると

低カロリーなんですが、

果物類で比べると

バナナは高カロリーになります。

 

 

100gあたりのカロリー

 

●バナナ:86kcal

●りんご:54kcal

●ぶどう:59kcal

●オレンジ:39kcal

 

手軽に買える果物の中で、

バナナのカロリーは

トップ3に入るぐらい

カロリーは高いです。

 

 

バナナは糖質が多い

 

バナナは果物の中で、

ダントツに糖質が多いです。

100gあたり21.4g。

 

糖質制限ダイエットでは

1食の糖質を20gぐらいを

目安にします。

 

バナナは糖質制限ダイエットに

全くといって向かない

食材です。

 

 

夜バナナダイエットは

食事制限はしなくてもいいですが、

カロリーが高いものや

糖質が多いものは

減らしたほうがいいでしょう。

 

好きなだけ食べて、

バナナをたべるだけで

痩せるという夢のような

ダイエット方法ではないということです。

 

 

森公美子が痩せた朝バナナダイエット

 

バナナダイエットといえば、

森公美子が挑戦して、

1ヶ月で7キロ痩せて

とても話題になりました。

 

森公美子のバナナダイエットのやり方

 

1.朝食の代わりに

バナナを食べる

 

2.コップ1杯の常温水または

白湯を飲む

 

バナナは1本でもいいし、

3本ぐらいまでなら

食べてもOK。

 

 

森公美子が7キロも痩せたので、

バナナダイエットは1大ブームと

なりました。

 

一時期スーパーでは

毎日、バナナが売り切れ状態になりました。

 

バナナを食べるだけなら、

簡単だし、やってみようという人が

多かったのだと思います。

 

 

最後に

 

夜バナナダイエットを行う場合は

なるべく夕食の量は少なくして、

高カロリーや糖質が多い食べ物も

減らすようにしましょう。

 

食べ過ぎてしまうと

夜バナナの効果がなくなるので、

気をつけましょう。




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事



コメントを残す