アカモクが花粉症にいい理由。フコイダンの効果が凄い

173292

 

つらい花粉症で悩んでいるなら、

アカモクをたべると

つらい花粉症の症状が

改善できるかもしれません。

 

今回は「アカモク」が花粉症に効く理由や

1日に食べる量などを

詳しくご紹介したいと思います。

 

 

花粉症が起きるメカニズム

 

花粉症というのは

免疫システムの

暴走によって起こります。

 

花粉自体は

人の体に害があるものではありません。

 

免疫システムが暴走して、

本来は敵でない花粉を敵と判断した結果。

花粉は害があるものになります。

 

 

「免疫システムの暴走」とは、

「潔癖オトコの暴走」みたいな

イメージをもつといいでしょう。

 

173291

 

潔癖オトコは

髪の毛1本でも、

落ちているのが気にいりません。

 

もし、髪の毛1本でも落ちているのを

みつけたら、

親の仇みたいにコロコロで掃除しまくる。

 

正直、髪の毛1本ぐらい

部屋に落ちていても、

害があるものではありません。

 

しかし、潔癖オトコにとっては

髪の毛1本でも敵になり、

害があるものになります。

 

 

花粉症を改善するためには、

潔癖オトコの暴走=

免疫システムの暴走を

とめてあげる必要があります。

 

アカモクが花粉症に効く理由は、

免疫システムの暴走を

止めてくれる「フコイダン」という

成分が含まれているからです。

 

 

フコイダンとは

 

「フコイダン」は水に溶ける

食物繊維の一種で、

昆布など海藻のネバネバです。

 

1996年に日本癌学会で

「フコイダン」に関する発表があってから、

たいへん注目を集めるようになりました。

 

 

フコイダンの効果

 

●免疫力の向上

●腸内環境の改善

●アレルギー症状の緩和

 

他にもたくさん効果がありますが、

花粉症と関係がある3つの

効果をピックアップしました。

 

 

フコイダンが花粉症にいい理由

 

花粉症は免疫システムの

誤作動により起きるものです。

 

誤作動を起こす原因の1つが

免疫力の低下です。

 

 

免疫力を管理する細胞を

「免疫細胞」といいます。

 

その免疫細胞の7割は

腸の中でつくられています。

 

腸内環境を整えて

免疫力を上げると、

花粉症の症状を和らげることが

できるのです。

 

 

フコイダンのぬめり成分は

便通をよくして、

腸の中の有害物質を

排出してくれます。

 

 

キレイになった腸は

健全な状態なので免疫力が上がり、

花粉症の症状を和らげてくれます。

 

 

他にも「フコイダン」は

「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」

という免疫細胞を活性化する

作用があります。

 

NK細胞というのは

ウイルス感染や体内に異常な細胞が

発生したときに、

最初に攻撃をしてくれる細胞です。

 

このNK細胞が活性化すれば、

悪いヤツをみつけて

すぐ攻撃してくれるので、

病気の発生や悪化を防ぐことができます。

 

NK細胞が活性化すれば

免疫力が高まり、

花粉症の改善にも役立ちます。

 

スポンサーリンク

 

 

アカモクはフコイダンが豊富?

 

アカモクは「フコイダン」の量が

とても多いといわれています。

 

いわれているのですが、

どれくらいの量が含まれているのか

はっきりとはわかりません。

 

 

海藻に含まれる「フコイダン」の量を

調べるのは非常に難しくて、

資料により、含まれる量は

バラバラです。

 

いろいろな資料がある中で、

福岡県のアカモクの

資料を載せておきます。

 

173293

 

フコイダン含有量の比較

 

 

他にもアカモクの

フコイダン含有量をみてみると、

 

海藻名

フコイダン含有量
100gあたり
京都府産アカモク 26g
沖縄モズク 25g
岩手県産アカモク 12g
アスコファイラム(ヒバマタ) 11g
メカブ(ワカメ) 8g
カゴメコンブ 4g
マコンブ 1.5g

 

※沖縄モズク、アスコファイラム、

メカブ、カゴメコンブ、マコンブは

「海藻フコイダンの科学

山田信夫著 成山堂」より抜粋

 

著書では1kgあたりだったので、

100gあたりに変えています。

 

※京都府産アカモクと

岩手県産アカモクは

平成25年度緑と

水の環境技術革命プロジェクト事業

より抜粋。

 

アカモクの「フコイダン」含有量は

ズバ抜けて多いとは

言えないですが、

 

海藻類の中では

かなり多く

含まれているのは確かです。

 

 

1日にアカモクを食べる量は?

 

花粉症の症状が軽減できる

1日の量は

 

乾燥したアカモク0.3g

 

たったこれだけの量で

効果が期待できると

考えられています。

 

 

この数値は

中部大学の動物実験から、

割り出した数値です。

 

中部大学の動物実験では、

花粉症のマウスに

アカモクの煮汁を

3日間、飲ませました。

 

その結果、

花粉症の症状が

1/3に軽減。

 

※軽減したのは

花粉症マウスの

5分間の鼻かき回数。

 

この結果から

人間なら、

乾燥アカモクを0.3g食べれば

効果が期待できると考えたのです。

 

 

最後に

 

アカモクはクセがなく、

和洋中どんな料理にも

あいます。

 

⇒アカモク(楽天市場)

 

 

アカモクが全ての人の

花粉症を改善するわけでは

ないですが、

 

アカモクがばっちりと

自分の体にあって、

花粉症が改善する人もいます。

 

食べ物で花粉症を

改善したいなら、

1週間だけでも

アカモクを試してみるといいでしょう。

 

⇒アカモクの1日の摂取量はどれくらい?食べ過ぎによる副作用




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事



コメントは受け付けていません。