白菜の仲間の野菜は何?チコリやレタスは違うのか

173238

「この画像の中には

何コ、白菜の仲間があるでしょうか?」

 

 

白菜の仲間の野菜

 

白菜はアブラナ科アブラナ属の

野菜になります。

 

アブラナ科の野菜が

白菜の仲間となります。

 

アブラナ科の野菜を挙げていくと、

 

きゃべつ

 

173233

アブラナ科アブラナ属

 

大根

 

アブラナ科ダイコン属

 

小松菜

 

アブラナ科アブラナ属

 

 

水菜

 

173236

アブラナ科アブラナ属

 

 

ブロッコリー・カリフラワー

 

173231

 

ブロッコリーもカリフラワーも

アブラナ科アブラナ属

 

 

チンゲンサイ

 

173235

アブラナ科アブラナ属

 

他にはかぶ、クレソン、ケールなども

アブラナ科の野菜です。

 

 

アブラナ科に属する野菜は

食卓でなじみの

深い野菜が多いと思います。

 

あまり家庭では使わないと思いますが、

「わさび」もアブラナ科の野菜になるので

白菜の仲間となります。

 

 

これらの野菜は形も味も

全く違いますが、

アブラナ科の野菜の共通点は

4枚の花びらが十字架のように

開くことです。

 

以前はジュウジカバナ科と

呼ばれていました。

 

アブラナ科の野菜の

もう1つの共通点は、

「イソチオシアネート」という成分が

含まれていることです。

 

 

「イソチオシアネート」の効能がすごい!

 

「イソチオシアネート」は辛味成分の

一種です。

 

わさびをたべると、

鼻にツーンとくるのは

「イソチオシアネート」が含まれているためです。

 

キャベツや小松菜など辛味が

感じない野菜の場合は、

「グルコシノレート」という形で

含まれています。

 

「グルコシノレート」が

体内で消化されるときに

「イソチオシアネート」に変わります。

 

 

「イソチオシアネート」が

とても注目された理由は

がんの予防に効果があることが

わかったからです。

 

アメリカの国立がん研究所は

アブラナ科の野菜を

「がん予防食品」として、

認めています。

 

 

「イソチオシアネート」は

胃の病気の原因である

ピロリ菌などの殺菌効果もあります。

 

血液をサラサラにするので、

血栓の予防効果

 

代謝を高める効果もあり、

脂肪をつきにくくしてくれます。

 

 

アブラナ科の野菜の効能をチェック

 

大根は疲れた胃腸に効果的!風邪の予防にも役立つ 

免疫力がアップする小松菜の食べ方!

ブロッコリースプラウトでダイエット!食べ方のコツ

 

 

スポンサーリンク

 

 

チコリは白菜の仲間?

 

173234

 

白菜を小さくしたような

感じのチコリですが、

白菜の仲間ではありません。

 

チコリはキク科の野菜なので、

アブラナ科の白菜とは

違う野菜になります。

 

 

レタスは白菜の仲間?

 

173232

 

キャベツと似ているレタスだから、

白菜の仲間のように

思えますが、

仲間ではありません。

 

レタスはキク科の野菜です。

 

キク科つながりで、

チコリとレタスは仲間といえます。

 

 

最後に

 

最初の問題の答えは2つです。

きゃべつとチンゲンサイの

2つが白菜の仲間になります。

 

 

左上から野菜の名前を挙げていくと、

 

キャベツ、アスパラ、レタス、ほうれん草、

チンゲンサイ、チコリ、みょうが、

キクナ、ふきのとう

となります。

 

 

日本人が日常的に

たべる野菜のおよそ1/3が

アブラナ科に属する野菜といわれています。

 

アブラナ科の野菜は

日本人にとって、

とてもなじみが深い野菜なんです。




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事



コメントは受け付けていません。