酢しょうがの作り方!酢の種類やしょうがの選び方

173224

 

冷え性やダイエットに効果がある

酢しょうがの基本的な

作り方をご紹介します。

 

しょうがの選び方や

どんな酢を選べばいいのかなど、

使ってはいけない酢もあるので

詳しく解説していきます。

 

 

酢しょうがの作り方

 

材料

●しょうが

●穀物酢や米酢

 

作り方

①.しょうがを洗って、

水けをきり

少し乾かします。

 

②.皮ごと使うので、

キズや汚れている部分は

包丁で切り取ります。

 

③.皮ごと1ミリぐらいに

薄くスライスにします。

 

④.ガラス瓶などの

保存容器にしょうがを

入れます。

 

⑤.しょうがに

酢がひたるぐらいまで

酢を入れます。

 

⑥.1日、冷蔵庫に入れて

完成です。

 

1日置くことで、

しょうがの成分がとけだして

酢になじみます。

酸味もまろやかになります。

 

 

「目分量ではなく、

ちゃんとした量が知りたい!」

 

という方のために、

はちみつを加えた

酢しょうがの作り方をご紹介します。

 

ちなみに、はちみつを加えることで

まろやかに食べやすくなり、

美肌効果もアップします。

 

 

はちみつ入り酢しょうがの作り方

 

材料

●しょうが:100g

●酢:100ml

●はちみつ:20g

 

作り方

作り方は上記のやり方と一緒で、

酢を入れた後に、はちみつを

入れるようにしましょう。

 

 

酢しょうがに使う

しょうがの切り方で

保存する期間が変わります。

 

保存する容器も

なんでもいいわけではありません。

 

その辺りを詳しく

知りたいなら、

この記事を参考に。

 

⇒酢しょうがのオススメの容器は?賞味期限は?

 

 

酢しょうがの酢の種類は何でもいいの?

 

酢というのは大きく分けると

「醸造酢(じょうぞうす)」

「合成酢(ごうせいす)」

分かれます。

 

醸造酢というのは

農作物などのでんぷん質を

発酵して作られるお酢のことです。

 

穀物酢、米酢、リンゴ酢、

黒酢などは醸造酢となります。

 

 

合成酢というのは

発酵せずに化学合成によって、

作られたものを材料として

つくられるお酢のことです。

 

合成酢は添加物が多いので、

醸造酢と比べると

健康効果が落ちます。

 

酢しょうがを作るときに

合成酢は使わないように

しましょう。

 

 

といっても、最近は、

ほとんど合成酢というのは

ありません。

 

それほど気にする必要はないのですが、

スーパーで酢をみるときは

商品のラベル表示で、

どっちの酢か確認するようにしましょう。

 

 

基本は穀物酢や米酢

 

酢しょうがをつくるときの

酢の基本は

穀物酢や米酢を使います。

 

穀物酢というのが一般的な

お酢と呼ばれるものです。

 

クセがあまりなく、

他の酢と比べると値段が

安いので使いやすいです。

 

 

米酢は穀物酢と比べると

味やコクがあり、

それが苦手な人もいます。

 

 

すっぱいのが苦手ならリンゴ酢

 

すっぱさや

鼻につーんとくる酸味が苦手な方は

リンゴ酢がオススメです。

 

リンゴ酢はカリウムが

たくさん含まれるので、

むくみの解消などにも役立ちます。

 

 

健康効果を期待するなら黒酢

 

黒酢の原料は

栄養価が高い玄米です。

 

黒酢は他の酢とは違い

長い時間をかけて、

じっくりと発酵・熟成されます。

 

時間をかければかけるほど、

さらに栄養価が高くなります。

 

 

黒酢の効果は

 

●疲れにくい

●肌がキレイになる

●脂肪を燃焼させる

 

などがあります。

 

 

栄養価が高い黒酢ですが、

クセが強いという弱点があります。

 

他の酢と比べると

色、ニオイ、舌触りが独特で

苦手な人も多いです。

 

黒酢が大丈夫という人なら、

酢しょうがは黒酢で作ると

健康やダイエット効果がアップします。

 

スポンサーリンク

 

 

しょうがの選び方

 

しょうがは

「新しょうが」と

「ひねしょうが」があります。

 

 

新しょうがとは

 

173223

 

一般的には収穫したての

しょうがのことをいいます。

 

色は白っぽくて、

繊維がやわらかいです。

 

 

ひねしょうがとは

 

173221

 

「ひねしょうが」は

収穫してから、

2ヶ月以上保管して

出荷するしょうがのことです。

 

保管することで

皮がかたくなり、

辛味が強くなります。

 

「ひねしょうが」が

スーパーで売られている場合は、

「しょうが」や「土しょうが」と

表記されています。

 

 

「新しょうが」と「ひねしょう」がどっちがいいの?

 

体を温める目的や

ダイエットが目的なら、

「ひねしょうが」を使いましょう。

 

 

しょうがには

ジンゲロール」と「ショウガオール」という

成分が含まれています。

 

この2つの成分が

しょうがを食べたときの

効能の中心となります。

 

 

ジンゲロールは血管を

拡張して、血流を促進します。

 

血流が促進して

からだが温まりそうなんですが、

発汗を促す作用もあるため

体を冷やす場合があります。

 

 

一方で、

ショウガオールは体内の

脂肪や糖質を燃焼させて、

体温を上げます。

 

 

しょうがを加熱したり、

乾燥させると、

ジンゲロールショウガオール

に変化します。

 

ダイエットや冷え対策が目的なら、

新しょうがより、ひねしょうが

酢しょうがを作るのがオススメです。

 

 

酢しょうがを作るのがめんどくさい

 

 

酢しょうがを作るのは

だんだん面倒くさくなってきます。

 

そんなときは酢しょうがという商品が

スーパーで売っています。

それを購入しましょう。

 

ネットでも酢しょうがは

販売しています。

 

「酢しょうが」が売ってなければ、

「ガリ」でも酢しょうがの

代わりになります。

 

173227

 

「ガリ」とは

お寿司をたべるとついてくる

ピンク色のやつです。

 

 

市販の「ガリ」はしょうがを

酢につけこんだものに

なります。

 

忙しくてなかなか酢しょうがを

作ることができない場合は、

市販の「酢しょうが」や「ガリ」を

活用しましょう。




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事



コメントは受け付けていません。