ひじきのヒ素は「ゆでこぼし」で約90%除去できる!

172081

 

あなたはひじきを

調理するとき「ゆでこぼし」を

行っていますか?

 

もし、水戻しだけで

ひじきを調理しているなら、

ヒ素は50%ほどしか

除去できていません。

 

ひじきを調理する場合は

約90%のヒ素を減らすことができる

「ゆでこぼし」を行いましょう。

 

今回は「ゆでこぼし」のやり方と

ゆでこぼしにより栄養素が

流れ出ないのかについて説明します。

 

 

農林水産省が行った調査

 

農林水産省は2014年、

家庭内でひじきを調理するときに

ヒ素を減らす有効な方法として、

 

・水戻し

・ゆで戻し

・ゆでこぼし

 

の3つの方法を

調べました。

 

 

その結果、

 

水戻しは約50%

ゆで戻しは約80%

ゆでこぼしは約90%

 

ヒ素が除去できることがわかりました。

 

172082

http://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/gyokai/g_kenko/busitu/pdf/chousa.pdf

 

 

「ゆでこぼし」とは?

 

「ゆでこぼし」は単に

「ゆでる」こととは

違います。

 

「ゆでこぼし」は

食材を水から煮て、

沸騰したゆで汁を

捨てることです

 

ゆで汁を捨てるということが

ポイントです。

 

 

ひじきのゆでこぼしのやり方

 

農林水産省が行った

ひじきのヒ素を9割減らすことが

できた「ゆでこぼし」のやり方を

ご紹介します。

 

 

材料

 

・乾燥ひじき:20g

・水:600cc

・お湯:600cc

・ボウルや深さのある器

・お鍋

・ザル

 

調理法

 

①.600ccの水(約20℃)を

ボウルにいれます。

 

そこにひじきも入れて、

30分間、置いときます。

 

②.戻し水は捨てて、

600ccのお湯をいれたお鍋に

ひじきを入れます。

 

③.強火で加熱して、

沸騰したら、5分間

弱火でゆでます。

 

④.ゆでた後は

お湯を捨てて、

ザルにひじきを入れます。

 

⑤.ザルに入れたひじきを流水で

20秒ほど洗います。

 

これでひじきのゆでこぼしは

終わりです。

約40分ぐらいかかります。

 

 

「ゆでこぼし」で栄養素は流れ出ないの?

 

ヒ素と一緒に栄養素も

流れ出ないのかと

心配ですよね。

 

そんな心配を予想したのか、

農林水産省は

「鉄分、カルシウム、食物繊維」が

流れ出ないのか調べていました。

 

 

調査結果をみると、

鉄分は3割ほど減ります。

 

カルシウムは

ほとんどは減りません。

 

食物繊維は

2割ほど減ります。

 

ゆでこぼしを行っても

栄養素は7割ほど残ると

いうことです。

 

 

まとめ

 

今後、ひじきを調理する場合、

「ゆでこぼし」を行い

できるだけヒ素を減らすようにしましょう。

 

 

ひじきは鉄分が豊富と

言えなくなったのですが、

「カルシウム」と「食物繊維」は

豊富に含まれています。

 

⇒ひじきは栄養がない?鉄が激減

 

カルシウムを摂りたい!

食物繊維を摂りたい!

 

と思ったときは

ひじきを食事の中に

取り入れるといいでしょう。




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事



コメントを残す