菊芋の栄養や効能!ダイエット効果があるの?

1712031

 

菊芋の栄養と効能、

女性が気になるダイエット効果について

ご紹介していきます。

 

 

菊芋の栄養

 

菊芋には、

●ビタミン類(B1・2、C)

●葉酸

●カルシウム・マグネシウム

 

などが含まれています。

含まれているのですが、

あまり多くは含まれていません。

 

 

菊芋に含まれる栄養で

注目すべきなのは、

 

●カリウム

●イヌリン

 

です。

 

 

菊芋の効能

 

「カリウム」でむくみ対策

 

「カリウム」は体内で増えすぎた

塩分を水分と一緒に

尿として排出します。

 

余分なナトリウムや水分が

体から減ることで、

むくみの解消に役立ちます。

 

 

「イヌリン」で血糖値の急上昇を防ぐ

 

「イヌリン」とは

水溶性食物繊維のことです。

 

水溶性の食物繊維は

糖の吸収を抑え、

血糖値が急激に上がることを防いでくれます。

 

※血糖値が急激に上がると、

強い眠気、心筋こうそくや脳こうそくといった

命に関わる症状を発症させるリスクがあります。

 

 

菊芋にダイエット効果があるのか?

 

 

日本人女性に多い太り方は

「水太り」といわれています。

 

水太りとは

慢性化したむくみ」によって

太ることです。

 

むくみというのは、

汗や尿などにより、本来は外に出される

余計な水分が体にたまっている状態のことです。

 

 

この余分な水分を体の外に

出してくれるのが「カリウム」です。

 

「カリウム」というのは

すぐれた利尿作用により、

体内の余分なものを体の外に出してくれます。

 

 

この「カリウム」が

菊芋にはたくさん含まれています。

 

どれくらいあるかというと、

100gあたり630mg

 

きゃべつや白菜の量は

約200mgぐらいです。

 

きゃべつや白菜と比べると

約3倍ちかく多いということです。

 

スポンサーリンク

 

 

「イヌリン」で太りにくい体質に

 

食事をすると、血糖値が上がり

それを抑えるためにインスリンが

分泌されます。

 

インスリンは余分な糖を

脂肪にかえて蓄えるはたらきがあります。

 

血糖値が急激にあがり、

インスリンがたくさん出ると

脂肪がたまりやすくなるのです!

 

これを防ぐのにイヌリンが活躍します。

 

「イヌリン」を摂ることで

血糖値の上昇がゆるやかになります。

 

すると、インスリンがたくさん出るのを防ぐので、

太りにくくなるのです。

 

 

また、イヌリンは腸内で善玉菌のエサになります。

腸内環境がよくなって、

便秘効果の予防になります。

 

 

便秘というのは代謝が低下し、

体に脂肪や老廃物をためてしまうので

太る原因の1つです。

 

イヌリンの効能で、

血糖値の急上昇を防ぐ。

 

便秘を解消することでも

脂肪がたまりにくい体づくりに役立つのです。

 

 

菊芋はカロリーが低い!

 

菊芋は

芋の仲間のように思えますが、

ごぼうの仲間となります。

 

芋ではないので、

じゃがいもと比べると菊芋のカロリーは

半分ぐらいとなります。

 

100gあたり

菊芋:35kcal

じゃがいも:76 kcal

 

 

「カリウム」と「イヌリン」の効能、

カロリーの低さがあなたにうまく合えば

菊芋のダイエット効果は期待できるでしょう。

 

 

ただし、菊芋の食べ過ぎには注意しましょう!

 

「イヌリン」はたくさん摂りすぎると、

腹痛や下痢の原因になる可能性があります。

 

アレルギー体質の人は

イヌリンでアレルギー反応が出ることもあります。

 

イヌリンをとっても大丈夫か、

お医者さんに相談して

摂るようにしましょう。

 

 

また、菊芋には「セレン」という成分が含まれています。

 

「セレン」は免疫力を

高める効能などがあります。

しかし、過剰にとると中毒を起こす恐れがあります。

 

 

最後に

 

普通に菊芋をたべる場合は

それほど量は気にしなくても大丈夫です。

 

サプリメントをとるときには、

量を気をつけるようにしましょう。




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事



コメントを残す