みかんの皮の栄養と捨てずに利用する方法

1711061

 

みかんの皮に含まれる栄養や、

残ったみかんの皮の利用方法などを

ご紹介します。

 

 

みかんの皮の栄養

 

みかんの皮に含まれる栄養素は、

 

●ビタミンC

●ペクチン

●ペスペリジン

●リモネン

●β-クリプトキサンチン

 

などがあります。

 

 

効能を簡単に説明すると、

 

「ビタミンC」は健康な肌づくりに役立つ

「ペクチン」はお腹の調子を整える

「ペスペリジン」は血流をよくする

「リモネン」はリラックス効果

 

「β-クリプトキサンチン」は、

カラダの老化の防止や

生活習慣病の予防に役立ちます。

 

 

みかんの皮の利用方法

 

陳皮(ちんぴ)にする

 

むずかしい漢字ですが、

陳皮はただみかんの皮を

乾燥させたものです。

 

漢方薬の材料でも使われており、

中国では風邪薬として

古くから愛用されているようです。

 

⇒陳皮の作り方や効能

 

 

みかんの皮をお風呂に入れる

 

5コぐらいの乾燥させたみかんの皮を

洗濯ネットに入れてから、

お風呂につけます。

 

「リモネン」の香りで、リラックス効果があり、

「ペスペリジン」で血流がよくなり

体がポカポカしてきます。

 

冷え性、神経痛や

リウマチなどの痛みが和らぎます。

 

 

注意点

 

みかん風呂の後は、

日光を浴びないようにしましょう。

 

みかんには「ソラレン」という成分が

ふくまれています。

 

この「ソラレン」は紫外線を吸収して、

色素沈着を起こします。

要は肌のシミになるということです。

 

みかんの皮を乾燥させると、

ソラレンの影響はあまりないです。

生のみかんの皮を使うときは気をつけましょう。

 

 

みかんの皮でお掃除

 

みかんの皮に含まれる「リモネン」は

油汚れを落とす効果があります。

 

かなり頑固な汚れ以外は

落とすことができます!

 

■みかん洗剤の作り方

お鍋に水をいれて、

みかんの皮を4コほどいれます。

10分ぐらい煮込みます。

 

すぐに使うなら、バケツなどに

煮汁をいれます。

 

すぐに使わない場合は

冷ましてから、スプレー容器にアルコールと

一緒にいれます。

 

アルコールを足すことで

涼しいところに保存すれば

1週間くらいはもちます。

hakase

 

みかん洗剤は化学薬品を

使いたくない方にはおすすめです。

 

 

レンジをお掃除

 

 

洗剤をつくるのがめんどくさいときは

みかんの皮をつかって、

電子レンジのお掃除をしましょう。

 

レンジのターンテーブルを外して

みかんの皮を適度にばらまき、

様子をみながら1分ほどチンします。

 

リモネンを含んだ蒸気がレンジの中に

いっぱいになります。

 

後はキッチンペーパーで

水けを拭き取っていくと汚れがおちます。

 

 

最後に

 

今までみかんの皮を捨てていたなら、

お掃除などにも使えるので

どんどん使っていきましょう。

 

→みかんとオレンジの違いとは?栄養はどっちが上




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事



コメントを残す