梨の栄養は妊婦さんにもオススメ!でも、食べすぎだけは注意して

169301

 

妊婦さんが梨を食べるのはダメという

迷信みたいなものがありますが、

妊婦さんが梨を食べても問題はないです。

 

梨に含まれる栄養素からみて

妊婦さんにも嬉しい効能があるので、

旬の時期には積極的に、たべて欲しい果物です。

 

ただ、梨は体を冷やす果物なので、

食べ過ぎだけには気をつけないと

いけません。

 

 

 

妊婦さんに嬉しい栄養素

 

便秘解消に役立つ「石細胞」「ソルビトール」

 

 

妊娠中というのは

便秘になりやすくなります。

 

病院で薬を出してもらうこともできますが、

食べ物などで

自然なお通じを心がけたいものです。

 

妊娠さんのお悩み

便秘の解消に役立つのが

”梨”です。

 

梨には便秘の解消に役立つ

「石細胞(せきさいぼう」と「ソルビトール」という

成分が含まれています。

 

 

梨ならではのシャリシャリ食感は

「リグニン」や「ペントザン」という

成分から生まれます。

 

この「リグニン」や「ペントザン」が

「石細胞」です。

 

「石細胞」は体内で食物繊維と

ほぼ同じ働きをします。

 

消化されにくいので、

腸を刺激して

便通を整えてくれます。

 

 

「ソルビトール」というのは

糖アルコールの一種で

さやわかな甘みをもちます。

 

砂糖と比べて、カロリーが低いため、

ダイエット食品などの

甘味料として使用されています。

 

ソルビトールは

大腸の水分の吸収を抑えて、

便を柔らかくしてくれます。

 

便が柔らかいと排便しやすくなるため、

便秘の改善につながります。

 

 

疲労回復に「アスパラギン酸」「クエン酸」

 

妊娠中というのは

少し動くだけでも「体が疲れたぁ~」と

感じることが多くなります。

 

この疲れやすくなる一番の原因は

体重の増加です。

 

短期間のうちに体重が10kgちかく

増えるので、体が対応できずに

疲れを感じやすくなります。

 

 

梨には体の疲れを回復させる

「クエン酸」や「アスパラギン酸」などが

含まれています。

 

梨から、これらの成分を摂取して、

妊婦さんの体の疲れを

軽減させましょう。

 

 

高血圧やむくみには「カリウム」

 

妊娠中というのは

血圧が高くなったり、

体がとてもむくみやすくなります。

 

血圧が高くなるのを防いだり、

むくみの解消に効果があるのが「カリウム」です

 

 

高血圧もむくみもナトリウムが

原因です。

 

「カリウム」というのは

ナトリウムを体の外に排出する働きがあるので、

高血圧の予防にも、むくみの解消にもいいのです。

 

「カリウム」というの水に溶けやすい特徴が

あるので、茹でたりする野菜より、

生の果物などから摂取することが望まれます。

 

梨は生で食べるので

「カリウム」を効率よく

摂取することができます。

 

 

食べ過ぎだけに注意!

 

 

梨というのは食べ過ぎると

お腹がゆるくなったり、

体が冷えすぎることがあります。

 

 

梨に含まれる「ソルビトール」というのは

適量だと無理のない自然な形での

排便が期待できます。

 

しかし、多量に摂取すると腸の働きが

過剰になり、下痢など引き起こす

可能性があります。

 

 

「カリウム」というのは

利尿作用が強く、

尿を出すことで体を冷やします。

 

「アスパラギン酸」にも利尿作用があるので、

梨というのは体を冷やす作用が強いのです。

 

妊娠中に1日に食べる果物の

理想の量というのは200gとされています。

 

梨は1コ、約300gぐらいです。

 

妊娠中に梨を食べるなら

1日、1個の半分を目安にしましょう。

 

pear

 

梨はカットするとすぐに酸化して、

日持ちがしません。

 

半分に残った梨は旦那さんや家族の方に

食べてもらいましょう。

 

 

 

梨の迷信

 

ネットで梨のことを調べていると、

 

「梨を食べると母乳が腐ると

言われましたが」

本当なのでしょうか?

 

 

みたいな

記述がけっこうあります。

 

 

梨を食べると

母乳が腐ることがあるのかというと、

 

腐ることはありません!

 

食べ物が原因で

母乳が腐るということは

あり得ません。

 

たた、梨などの果物は

果糖をたくさん含んでいます。

 

糖分を多く摂取すると、

母乳がドロドロになって、

スムーズに流れにくくなります。

 

スムーズに流れにくいということは

乳腺内で詰まりやすくなり、

乳腺炎になる可能性があります。

 

 

梨の食べ過ぎは糖分を取りすぎたり

体を冷やしたりするのでよくないですが、

適量を食べるなら

問題はありません。




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事



コメントを残す