オクラのネバネバはダイエットや糖尿病の予防に役立つ

169012

 

オクラのネバネバはダイエットに効果的!

 

「ためしてガッテン」という番組で

そうめんを6人の方に

たべてもらいました。

 

そうめんはとても

糖が吸収されやすい食べ物です。

 

糖が吸収されると

血糖値は上がります。

 

血糖値の上がり方が

急なほど体に負担が大きく、

太りやすくなります。

 

 

普通にそうめんをたべた後の

6人の平均値は食後、

30分で急上昇!

 

そして、別の日に

オクラを入りそうめんをたべたところ、

血糖値の上昇をおよそ3割へらすことができました。

 

 

血糖値の上昇を防いだネバネバ

 

オクラのネバネバが

そうめんを包み込むと

糖もネバネバで包みこんでくれます。

 

お腹の中でも、腸のなかでも

ネバネバが糖を包み込んでいるので、

糖が吸収されにくくなります。

 

糖が吸収されにくいので

血糖値の上昇を抑えることができ、

糖尿病の予防やダイエットにも役立つのです。

 

 

どのネバネバの食材でも

糖のまわりにまとわりついて、

糖の吸収を邪魔する性質はあります。

 

ただ、長芋などは糖質が多めなので、

ネバネバ食材の中でも

オクラは糖質量が少なくオススメです。

 

 

ネバネバ以外でもオクラはダイエットにいい

 

169011

 

「カリウム」の効果

 

カリウムには体内の余分な塩分や

水分を排出する働きがあります。

 

塩分の摂り過ぎや

運動不足により、

水分が体にたまりすぎるとむくみが生じます。

 

カリウムを摂ることで

余分な水分を排出して、

むくみを解消することできます。

 

体から余計な水分が抜けると

代謝が上がり、脂肪が燃えやすくなり、

痩せやすい体をつくる助けになります。

 

 

ビタミンB1・B2の効果

 

「ビタミンB1」は糖質(炭水化物)を

エネルギーにかえるときに

必要な栄養素です。

 

「ビタミンB2」は脂質がエネルギーとして

燃やすときに大切な役割をします。

特にダイエット中にはしっかり摂りたい栄養素です。

 

オクラにはこの2つのビタミン類が

多くふくまれているので、

糖質や脂質の代謝を助けてくれます。

 

 

マグネシウムの効果

 

マグネシウムは

脂肪を燃焼する酵素を補助し、

痩せやすい体にしてくれる働きがあります。

 

 

これらの栄養素からもオクラは

ダイエットによい食材といえます。

 

 

ネバネバを増やす方法

 

オクラでダイエットや

糖尿病の予防には

オクラのネバネバが必要です。

 

 

このネバネバを増やす方法が

 

生のオクラを

刻んで水を加える

 

たったこれだけで、

オクラのネバネバは増えます。

 

 

オクラは生で食べられるのか?

 

茹でる必要があるのでは

と疑問に思う方も多いでしょう。

 

オクラというのは

実は、生でもおいしく食べることができます。

 

外側のうぶ毛は

塩もみするとキレイにとれます。

 

ネバネバ成分は熱によって

壊される部分もあるので、

生のほうがネバネバ効果を期待できます。

 

 

オクラを刻む理由

 

ネバネバの成分には

水に溶ける性質がある食物繊維が

含まれています。

 

その食物繊維はオクラの

細胞の壁の中にあります。

 

オクラをきざむことにより、

細胞の壁が壊れます。

 

そこに水を加えると

奥からどんどん食物繊維が出てきて、

よりネバネバになっていくのです。

 

あらかじめ、オクラから食物繊維を出すことで、

たべたときほぼ同時に

糖質をネバネバが包み込んでくれます。

 

 

ネバネバアップのオクラの作り方

 

1.生のオクラを水洗いした後に、

オクラを刻みます。

 

※あらかじめ、タテに切れ目をいれておくと、

細かく刻みやすくなります。

 

 

2.刻んだオクラをボウルや

深めのお皿にいれて水を入れます。

 

水の量はオクラ5本に対して、

水大さじ2が目安。

 

 

3.水を入れたら、箸で1分ほど

かき混ぜます。粘りが出てきて

塊のようになったら、完成。

 

そして、このネバネバが増えたオクラを

そうめんやご飯の上にのせて

たべれば、血糖値の急上昇を防いでくれます。




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事



コメントを残す