にんにくの芽(茎にんにく)の栄養と効能|ニンニクとの違い

168031

 

にんにくの芽は

茎にんにくとも呼ばれており、

緑黄色野菜に分類されます。

 

ニンニクは淡色野菜に

分類されます。

 

 

にんにくの芽の栄養

 

にんにくの芽の栄養成分は

ニンニクとほとんど同じです。

 

ニンニクに含まれる

「アリシン」や「食物繊維」は

にんにくの芽にも含まれています。

 

 

アリシン

 

強いニオイのもとである「アリシン」。

 

アリシンはビタミンB1と結合することで、

疲労回復や滋養強壮の効果を発揮します。

 

また、殺菌効果や抗酸化作用もあるため、

さまざまな病気の予防や改善

つながります。

 

 

食物繊維

 

 

にんにくの芽には

 

可食部100gあたり

水溶性の食物繊維:0.7g

不溶性の食物繊維:3.1g

 

 

ニンニクは

 

可食部100gあたり

水溶性の食物繊維:4.1g

不溶性の食物繊維:2.1g

 

 

不溶性食物繊維は腸内環境の改善や

デトックス効果があります。

 

これらの効果を期待するなら

「にんにくの芽」をたべましょう。

 

 

水溶性食物繊維は

血糖値の急上昇を防ぐ効果があります。

 

これらの効果を期待するなら

「ニンニク」がオススメです。

 

 

 

カロテン

 

にんにくの芽は緑黄色野菜なので、

「βカロテン」が豊富に含まれています。

100gあたり710μg。

 

※”にんにく”にはカロテンが含まれません。

 

βカロテンは体の中で

「ビタミンA」にかわり、

目や皮膚、粘膜の健康維持に役立ちます。

 

生活習慣病の予防や目の疲労回復、

美肌効果が期待できます。

 

 

葉酸

 

 

「葉酸」は血をつくる

ビタミンといわれており、

妊娠中の摂取量は

通常の倍とされています。

 

妊娠前や妊娠初期に

十分に摂取することで、

神経管の先天異常の発症リスクを

低下させることが

近年、判明しました。

 

そして、世界各国が積極的に

葉酸を摂りましょうと

呼びかけるようになりました。

 

100gあたりに含まれる葉酸の量は

にんにくの芽:120μg

にんにく:92μg

 

 

ビタミンC

 

美肌効果や風邪の予防にいい

「ビタミンC」もにんにくより、

多く含まれています。

 

100gあたりに含まれるビタミンCの量

にんにくの芽:45mg

ニンニク:10mg

 

 

「βカロテン」「葉酸」「ビタミンC」は

にんにくより、にんにくの芽のほうが

多く含まれています。

 

血液を固める働きや骨にカルシウムを

定着させる働きがある「ビタミンK」も

にんにくの芽のほうが多く含まれています。

 

「カルシウム」もにんにくの芽のほうが

多く含まれています。

 

100gあたりに含まれるカルシウムの量

にんにくの芽:45mg

ニンニク:14mg

 

スポンサーリンク

 

 

にんにくの芽の効能

 

・疲労回復・殺菌効果

・腸内環境の改善

・目の疲労回復

・美肌効果

・骨や歯を丈夫にする

 

 

ニンニクとの違い

 

栄養素での違い

 

可食部100gあたり

  にんにくの芽 ニンニク
βカロテン 710μg 0μg
ビタミンC 45mg 12mg
葉酸 120μg 93μg
カルシウム 45mg 14mg
食物繊維 3.8g 6.2g
カリウム 160mg 510mg
カロリー 45kcal 136kcal

 

 

にんにくの芽の脂質0.3g

ニンニクは0.9g

 

にんにくの芽はカロリーが低くて、

脂質も低いです。

 

 

ニオイの違い

 

 

にんにくの芽のほうが

ニオイはキツくありません。

 

ただ、にんにくの芽は食べる量が

多くなるので

結局、ニオイは残ります。

 

⇒にんにくの口臭を消す飲み物

 

にんにくの芽で息がくさくなるのは

ニンニクと同じ「アリシン」によるものです。

 

にんにくの口臭を消す飲み物は

にんにくの芽でも

効果があります。

 

 

まとめ

 

ニンニクと同様に、

にんにくの芽にも

栄養が豊富に含まれています。

 

疲れた時には、にんにくの芽を

豚肉と一緒に炒めて、

栄養補給をしましょう。

 

※豚肉は疲労回復効果がある

「ビタミンB1」が多く含まれています。

 

にんにくの芽を炒めると

やさしい甘さがあり、

豚肉との相性はバッチリです。

 

⇒にんにくの芽がスーパーで売ってない理由




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事



コメントを残す