美味しいプラムの見分け方と食べ方|追熟方法

167276

 

美味しいプラムの見分け方

 

・皮に色ムラがない

・皮にキズや茶色みを帯びた部分がない

・持つと重く感じる

 

食べごろになると甘いが香りたつので

香りもチェックします。

 

スーパーなどでプラムがパックされており、

商品を直接手にとって触ることが

できない場合はブルームがあるかどうかをみます

 

新鮮なプラムというのは

ブルームという白い粉のようなものが

ついています。

 

167278

 

ブルームは果肉から水分の蒸発を防いで、

鮮度を保ち、病気などから

果実を保護しています。

 

農薬と間違えられることがあるのですが、

ブルームは農薬ではありません。

 

このブルームは収穫後、輸送の関係や

時間が経つにつれて

少しずつ落ちていきます。

 

新鮮なプラムを食べたい場合は

ブルームがついているかどうかをみましょう。

 

 

品種での選び方

 

大石早生

 

 

「大石早生」という品種の場合は

食べごろの見分け方は簡単です。

 

大石早生の果皮は最初は黄緑色で、

成熟するにつれて赤く染まっていきます。

 

完熟すると果皮全体が

濃紅色になります。

 

 

ソルダム

 

167277

 

果皮が緑色で

中の果肉が赤い「ソルダム」。

 

ソルダムも大石早生のように

完熟すると濃い赤色になります。

 

 

プラムの食べ方

 

プラムのオススメの食べ方は

丸かじりです。

 

皮ごと食べると酸味が残りますが、

酸味のおかげで

味に広がりがうまれます。

 

甘いだけではすぐに飽きますが、

酸味との絶妙なバランスにより

美味しく感じることができます。

 

プラムは果肉だけでなく、

皮にも栄養があるので

皮ごと食べるのがオススメです。

 

⇒プラムの皮の栄養

 

 

プラムの追熟方法

 

買ってきたプラムの酸味が強すぎた場合は

追熟させて、酸味を抜くようにします。

 

プラムを常温で

2~3日置いておけば、

追熟してきます。

 

エチレンガスが発生するような

りんごなどと一緒に

袋に入れる必要はありません。

 

プラムをそのまま置いておけば、

追熟していきます。

 

完熟したかどうか見分ける際のポイントは

いい香りがすることです

 

他の見分けるポイントは

実が柔らかくなったり、

皮がしっかりと赤みを帯びているかどうかです。

 

 

完熟したら、冷蔵庫で冷やして

皮ごとプラムをたべましょう。

 

完熟したプラムは日持ちがしないため、

すぐに食べるようにします。

 

完熟プラムを新聞紙で包み

冷蔵庫で保存すれば、

3日ほど持ちます。

 

それ以上たつと、味が悪くなり

皮が茶色くなったりして、

腐っていきます。




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事



コメントを残す