グリーンとゴールドキウイの違いは?栄養や効能の違い

167128

 

キウイといえば果肉が

緑色のグリーンキウイが定番でした。

 

でも、最近は果肉が

黄色のゴールドキウイもよく見かけます。

 

キウイというのは

中国原産ですが、

ニュージーランドで多くの品種が生まれました。

 

鳥のキウイに似ていることから、

名付けられたフルーツです。

 

 

167121

 

グリーンとゴールドキウイの違いとは?

 

グリーンキウイとゴールドキウイの違いは

簡単に言うと

「果肉の色」と「甘さ」と「うぶ毛の濃さ」が違います。

 

 

グリーンキウイ

 

1671210

 

グリーンキウイは果肉が緑色で

酸味が強く、

うぶ毛がしっかりと生えています。

 

酸味が強いので、ゴールドと比べると

酸っぱく感じます。

 

 

ゴールドキウイ

 

167126

 

ゴールドキウイは果肉が黄色で

日本人向けに開発され、

甘くてやわらかいのが特徴です。

 

先端が尖っていて、

グリーンより甘く、外側の毛が薄いです。

 

 

サンゴールドキウイ

 

 

ゴールドキウイの木には

害虫などが発生しやすいため、

新たに開発されたのがサンゴールドキウイです。

 

サンゴールドというのは

ゴールドキウイより甘みが

強いとされています

 

ゴールドキウイに比べると

果肉がやわらかくなるのがはやく、

ゴールドに比べると、やや日持ちはしません。

 

 

ゼスプリ・スウィート・グリーン

1671213

 

2012年から本格的に市場に

出回った新品種。

 

果肉の色は明るく薄めの緑色で

形は俵型です。

 

グリーンとゴールドの両方の持ち味を

生かした品種です。

 

グリーンから爽やかな風味を

ゴールドからなめらかな口当たりを

受け継いでいます。

 

グリーンキウイなのに、

爽やかな甘さが特徴といえます。

 

 

ゴールドキウイとグリーンキウイの栄養の違い

 

キウイの栄養素(可食部100gあたり)

  グリーン ゴールド
ビタミンC 69mg 161mg※1
葉酸 38μg※1 31μg※1
ビタミンE 1.3mg 1.4mg※1
食物繊維 3g※1 1.7g
     

 

※1 ゼスプリのHPより

 

 

ゴールドキウイのほうが「ビタミンC」

多く含まれています。

 

1個で1日分の推奨量を

カバーすることができます。

 

美容や免疫力アップを

目指す人にはゴールドがオススメ。

 

 

グリーンキウイのほうが「食物繊維」

多く含まれるので、

お腹の調子を整えたい人にはグリーンがオススメ。

 

 

グリーンとゴールドキウイの効能の違い

 

グリーンのほうが食物繊維が

多く含まれるので、

便秘解消などにはグリーンがいいでしょう。

 

「アクチニジン」というタンパク質を分解する

酵素もグリーンが多く含まれています。

 

「アクチニジン」は消化を促進するので、

胃もたれを防ぐ効果もあるとされています。

 

※「アクチニジン」は

キウイアレルギーの原因にもなります。

 

⇒キウイで喉、舌、胃が痛いのはアレルギーかも?

 

 

ゴールドキウイは豊富なビタミンCで

風邪予防にいいです。

 

166102.jpg

 

ビタミンCには老化防止に役立つ

抗酸化作用があり、

ビタミンEにも抗酸化作用があります。

 

相互作用で抗酸化力のアップが

期待できます。

 

 

まとめ

 

食物繊維とアクチニジンを摂取し、

胃や腸に優しいのがグリーンキウイ。

 

ビタミンCが豊富でグリーンの酸味が

苦手な方はゴールドキウイが

いいでしょう。

 

⇒美味しいキウイの選び方




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事



コメントを残す