きゅうりの酵素はビタミンCを破壊するのか?

166291

 

世界一栄養がないともいわれている

きゅうりにはあまりよくない噂があります。

 

それは

「きゅうりにはビタミンCを

破壊する酵素が含まれている」

という噂です。

 

ビタミンCを破壊するので、

きゅうりと一緒にビタミンCを含む食材を

食べるのはよくないというものです。

 

 

ビタミンCを破壊する酵素とは

 

166292

 

きゅうりに含まれるビタミンCを

破壊する酵素といわれているのは「アスコルビナーゼ」

(正式名称はアスコルビン酸酸化酵素)です。

 

このアスコルビン酸酸化酵素は

還元型のビタミンC酸化型のビタミンC

変化させる働きがあります。

 

正確に言うと、この酵素は

ビタミンCを「破壊する」のではなく、

「酸化させる」のです。

 

 

酸化されても働きは変わらない?

 

昔は還元型のビタミンCだけに

生理作用があると考えられていました。

 

酸化型のビタミンC

効力があっても、還元型の半分ぐらいだと考えられ、

生理作用がないものとされていました。

 

酸化型になったものは

効力がないので、

ビタミンCが減ったと解釈していました。

 

しかし、女子栄養大学の実験で

還元型ビタミンC酸化型に変わっても、

体内で還元型に戻ることがわかりました。

 

 

還元型を摂取しても、

酸化型を摂取しても、

体内では還元型で存在するので、

 

還元型ビタミンC酸化型ビタミンC

効力は人体内では同等である」

 

とされました。

 

 

1982年以降の「日本食品成分表」からは

還元型と酸化型を合わせた総量を

ビタミンC量として示しています。

 

 

酸化型ビタミンCになると少し減る

 

酸化型ビタミンCも

体内では還元型になるので

ビタミンCの総量はそれほど変わらないのですが、

多少、減ってしまう事実もあります

 

 

体内で一部の酸化型ビタミンCが

加水分解されて、ジゲトグロン酸という

物質になります。

 

ジゲトグロン酸になると

もうビタミンCには戻れなくなるので

その分だけ減ってしまいます。

 

 

減るといっても

それほど気にする量ではないのですが、

 

栄養価が低くなるのが気になる方は

きゅうりの調理に工夫が必要になります。

 

 

工夫と言っても簡単で

ビタミンCを酸化させる酵素は

酸や熱に弱い性質があります。

 

きゅうりを食べるときは加熱するか、

酢のものにしてたべる。

 

これだけで、酵素のはたらきは弱まり、

還元型ビタミンCのまま、摂取できます。

 

 

脂肪を分解する酵素「ホスホリパーゼ」

 

きゅうりにはビタミンCを

酸化させる酵素の他に、

体内で脂肪を分解する酵素が含まれています。

 

この脂肪分解酵素は「ホスホリパーゼ」といいます。

 

「ホスホリパーゼ」の作用を利用した

きゅうりダイエットというものが

テレビで紹介され、話題になりました。

 

⇒きゅうりダイエットの効果!

 

 

まとめ

 

・きゅうりに含まれる酵素はビタミンCを酸化

・酸化されたビタミンCも体内ではもとの形に戻る

・戻されたビタミンCはきちんとはたらく

・多少は減る

・酸化させたくないなら、酢や加熱で対策

 

もし、きゅうりにビタミンCを破壊する酵素が

含まれていたら、きゅうりパックなんてしたら

美容によくないパックとなるでしょう。




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事



コメントを残す