美味しいきゅうりの見分け方!新鮮なものは触ると痛い

166173

 

美味しいきゅうりの見分け方

 

太さが均一なもの

 

まず、見た目を

みていきます。

 

きゅうりは太さが均一なのものほど

質がいいです。

 

おしりだけ膨らんでいたり、

真ん中だけ変に細くなっていたりするものは

成長不足の証拠で、味にバラつきがあります。

 

 

曲がりは味に関係ない

 

きゅうりは曲がっていても

味が変わるわけではありません。

 

きゅうりは下に向かって、まっすぐに成長します。

生育途中で葉や枝や地面にぶつかって、

曲がってしまうことがあります。

 

他には肥料や水のあげ方にも

気をつけないと

曲がってしまいます。

 

 

曲がったきゅうりは

見た目が悪いので

スーパーなどではほとんど売っていません。

 

きゅうりは1.6センチ以上曲がれば、

B級品になります。

 

曲がっているだけで、

価格が安いなら、

そちらのほうがお得でしょう。

 

 

緑色が濃いもの

 

きゅうりは色が濃いものが新鮮です。

時間が経過すると色が薄れてきます。

 

 

きゅうりは成長途中のやわらかい

”未熟果”を食用にします。

 

きゅうりの語源は黄色い瓜すなわち

「黄瓜」といわれています。

 

166174

http://natural-cooking.com/blog/

 

 

きゅうりは熟すと黄色になり、

みずみずしさや歯ごたえが

なくなります。

 

甘みのまったくないメロンという感じで

あまり美味しくありません。

 

 

ハリがあるもの

 

きゅうりは時間が経つほど

両端から水分が抜けていき、

柔らかくなり、ヘナヘナになります。

 

しわができているものも

古くなって、水分が蒸発しているので、

避けましょう。

 

新鮮なものはハリがあって、

触るとかたいです。

 

店頭に置いてるだけで、

ヘナヘナになってくるので

新鮮なものが欲しいなら、店員さんが箱から

出したきゅうりをゲットしましょう。

 

 

イボがとがっている

 

新鮮なきゅうりはイボがとがっていて、

さわると痛いです。

 

しかし、スーパーで売っているものは

ほどんどトゲトゲしているきゅうりはありません。

 

これは流通段階で

イボが次第にとれてしまうのです。

 

もし、スーパーできゅうりをさわって

「痛いっ!」と思えぐらいのものがあれば、

凄く新鮮なものといえるでしょう。

 

 

最近ではイボなしきゅうりと品種があります。

 

166175

http://www.kankanoukoku.com/SHOP/kyuri001.html

 

きゅうりは収穫後から、流通段階で

だんだんとイボがつぶれていきます。

 

潰れたイボのところから、

劣化していき、雑菌がたまりやすい。

 

普通に家庭で食べるには問題ないのですが、

きゅうりを使う食品業者にとっては

念入りに洗浄しないといけないので大変でした。

 

それがイボなしきゅうりだと

菌数が圧倒的に少なく、洗浄や殺菌作業を

効率化できるのです。

 

イボなしのきゅうりは「フリーダム」という名で

加工業者に重宝されています。

 

 

その他の見分け方

 

他にきゅうりの見分け方は

持ってみて、ずしりと重いものは

水分がしっかりとつまっていて、新鮮です。

 

ヘタの切り口をみて、

みずみずしいものほど

鮮度がいいです。

 

 

簡単チェック方法

 

長々ときゅうりの見分け方を書きましたが、

簡単にチェックするなら、

きゅうりのヘタの下をさわりましょう。

 

ヘタの下が固ければ

パリッとした食感のよいきゅうりです。

 

 

ブルームきゅうり

 

きゅうりは表皮を守るために

ロウのような物質を分泌します。

 

これがブルームで、

ぶどうにつく

白い物質もブルームです。

 

166176

 

ブルームがあるとツヤがなく、

残留農薬と勘違いされることもあり、

市場からほどんど姿を消しました。

 

だが、近年ブルームきゅうりは

再び注目されてきています。

 

ブルームきゅうりはブルームがしっかりと

コーティングしているので、

太陽光を浴びでも、水分や旨味を外に逃がしにくい。

 

ブルームなしきゅうりと

比べると皮が薄い。

 

皮が薄いので中の旨味が直接きて

うまい!

 

 

鉄腕DASHという番組で、

市場にわずか3%しか出回らない

幻のきゅうりとして

ブルームきゅうりが紹介されました。

 

ブルームきゅうりを食べた松岡さんは

 

「甘いけど濃厚。こんなことテレビで言いたくないけど、

今まで食べたきゅうりの中で1番うまい!」

 

とコメントしていました。

 

とても美味しいといわれる

ブルームきゅうりですが、

病気に弱く収穫量がとても少ないのが

残念なところです。

 

 

まとめ

 

きゅうりは今では

1年中たべることはできますが、

本来の旬は夏です。

 

旬の野菜は栄養価も高く、

美味しい。

 

美味しいきゅうりを食べたいなら、

特に夏がおすすめです。




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事



コメントを残す