なすの種が黒いのは食べられる?茶色に変色したものは?腐るとどうなる

1650917

 

 

なすの種が黒いのは食べられるのか?

 

新鮮な茄子は

種と実がほぼ同じ色をしており、

種は目立ちません。

 

1650915

 

だんだん鮮度が落ちてくると

なすの種の色が濃くなり、

黒くなります。

 

165098

 

育ちすぎた茄子も種が黒くなります。

 

 

「種が黒くなると、食べられないのかな?」と

思うかもしれませんが、

種が黒くなった茄子は食べることはできます。

 

ただし、古くなっており

風味がおちて、

あまり美味しくない場合があります。

 

また、種のつぶつぶが気になることもあります。

 

 

種が黒くなった茄子を食べる場合は

味の濃い調理法、

麻婆豆腐や茄子の味噌炒めにするといいでしょう。

 

 

 

茶色に変色した茄子は食べられる?

 

なすを切ったときに、

茶色や黒色に変色してる場合は

低温障害の可能性があります。

 

 

なすはインドが原産地とされる野菜で

低温に弱い。

 

冷蔵庫の10℃以下で保存すると、

呼吸がとまり

柔らかくなったり、水っぽくなったりします。

 

 

1650912

http://blog.goo.ne.jp/vegefruniikura/e/c155b75f966ac45670ca0839930e0ef8

 

上のように変色した茄子は食べることはできません。

買ってきて、すぐにこの状態でしたら、

遠慮せずに買ったお店に電話をしましょう。

 

 

写真のようにひどく変色していない茄子でも、

変色すると、苦味やエグみが強くなっているので

食べるのはやめたほうがいいです。

 

 

茄子を切るとすぐ変色する理由

 

1650913

左の茄子が切ってそのままにしたもの

右の茄子が切って10分ほど水につけたもの。

 

水につけた茄子は

ほとんど変色していません。

 

これは茄子が変色する理由である

ポリフェノールが水に流れたからです。

 

 

茄子が変色するのはクロロゲン酸などの

ポリフェノールが空気と反応して

酸化するから。

 

ポリフェノールがなくなれば、

酸化もしないので

茄子も変色しません。

 

でも、実はこのポリフェノールは

体にいいもので、

水に流すのはもったないのです。

 

⇒なすの栄養には、実は凄い効果が

 

 

極力、水にさらす時間は

短めにしたほうがいいのです。

 

 

なすは腐るとどうなる?

 

1650911

 

・皮が茶色になる

・異臭がする

・触るとぶにょぶにょして、やわらかい

・実がぼこぼこしている

・カビが生えている

 

袋で売っている茄子は

カビが生えやすいです。

 

購入する際は、

ヘタのところをよくみましょう。

 

⇒新鮮なナスの見分け方

 

 

まとめ

 

なすの種が黒くなっていても、食べることはできる。

切ったナスが変色していたら、食べることはできない。




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事



コメントを残す