LED栽培の野菜は栄養価が高い!町田野菜のレタスが注目【林先生が驚く初耳学!】

164226

 

「林先生が驚く初耳学!」で

LED栽培の野菜がとりあげられました。

 

玉川大学でつくられるLED栽培の野菜は

なんと、老化防止の効果がある栄養が

約2.6倍以上もアップするのです。

 

 

そもそも、なぜ、LEDの光で植物は育つのか?

 

「植物を育てるなら太陽光が必要」と

思うかもしれませんが、

適度な光があれば植物は育てることができます。

 

 

太陽光というのは

「可視光線」「紫外線」「赤外線」が

混ざった状態で地上に降り注ぎます。

 

このなかで植物が成長に利用しているのが

「可視光線」。いわゆる光です。

 

光というのは色がないようにみえますが、

波長を分離すると

人の目では7色にみえます。

 

164222

 

最近の研究で植物はこれらの光のうち、

赤色を吸収して光合成をし

青色を吸収して実や葉を形成することがわかってきました。

 

 

LED照明を使うと光の波長を自由に

変えることができるので、

太陽光が当たらない場所でも

植物を健全に育てることができます。

 

そして、LED栽培の野菜は

光の色を使い分けることにより、

野菜の栄養価をコントロールすることもできます。

 

 

赤色・青色LED照明の効果

 

例えばリーフレタスを

 

赤の光で栽培すると

 

・甘味がアップします

 

赤い光は光合成を促進させるので、

甘みの基となるブドウ糖やオリゴ糖が

つくられ野菜が甘くなります。

 

・ビタミン類が増加

 

ビタミンA・C・Eが増加し

美肌効果がアップ

 

 

青色の光で栽培すると

 

・老化予防の栄養素がアップ

 

ポリフェノールなどの抗酸化物質が

増加して、

健康にいいレタスが育ちます。

 

 

・シャキシャキ感がアップ

 

青は野菜にストレスを与える色なので、

青い光を浴びると野菜は自分の体を守るため

葉や茎が硬くなります。

 

それがシャキシャキの食感を生み出します。

 

 

・苦味が増す

 

青い光を使うと植物がストレスを感じるのは

紫外線に近いからです。

 

植物はストレスを感じると

苦味が強くなります。

 

青い光を当てるとレタスはシャキシャキの食感も

生まれるが、当てすぎると

苦い野菜になってしまいます。

 

この光の色を調整して、

いろいろな野菜をつくるのが

研究者にとってはとても楽しいそうです。

 

 

町田野菜とは

 

林先生の初耳学でとりあげられた

町田野菜とは

東京都の町田市の玉川大学で作られている野菜のことです。

 

 

164225

 

玉川大学は2012年に西松建設株式会社と

産学連携協定を結び、

LEDを使用した全人工光型植物栽培システム「LED農園」を

搭載した玉川大学サイテックファームを設置。

 

LEDを使用することにより、屋内で土を用いずに

野菜を栽培すると同時に、

光環境と培養液の調節によって

野菜の品質や栄養価の向上を可能としました。

http://www.tamagawa.jp/news/news_release/detail_8071.html

 

 

玉川大学でつくられたLED農園の野菜は

小田急線沿線のスーパーマーケット「Odakyu OX」で

販売されています。

 

 

164224

 

・フリルルージュ

・グリーンリーフ

・フリルレタス

・レッドファイヤー

・夢彩PREMIUMフリルレタス

 

の5種類あります。

 

 

クリーンルーム内で無農薬栽培されているため

洗わなくてもいいほどキレイ!

 

そして、市販のリーフレタスに比べ、

ビタミンやCやポリフェノール等の抗酸化力は

品種によっては、約2.6倍以上アップしています。

 

 

164227

 

※レッドファイヤーが抗酸化力が2.6倍以上の

栄養価が高いレタスです。

 

 

まとめ

 

LED野菜は天候に左右されず

栽培ができるので、

普及すれば、常に安定した供給を期待できます。

 

無農薬なので安心で安全です。

屋内で栽培するので、

変な虫がつかないというのもいいです。

 

LEDの色で栄養をコントロールできるので、

医療の現場に役立つ野菜も

つくれることができます。




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事



コメントを残す