そら豆は妊婦におすすめ!美容にも健康にもいい

163221

 

 

妊娠さんは栄養素に気を配り、

バランスのいい食事というのが

とても大事になります。

 

昔は「赤ちゃんの分と2人分食べなきゃ」という

考え方が普通でしたが、

近年は「体重が増えないように食事をする」が一般的です。

 

体重が増えすぎると

妊娠高血圧症候群や

妊娠糖尿病になる可能性が高くなります。

 

塩分控えめで低カロリーで、

栄養がきちんと

とれる食事というのを心がけないといけません。

 

といっても、

どんなものを食べたらいいのかわからないという方に

そら豆をおすすめします!

 

broadbean6.jpg

 

妊婦さんが食事で積極的に摂取したい

栄養素は

 

・葉酸

・鉄分

・たんぱく質

・食物繊維

・カルシウム

 

などがあります。

 

実はそら豆の栄養素には

カルシウム以外の

 

・葉酸

・鉄分

・たんぱく質

・食物繊維

 

が含まれています。

 

 

妊婦さんが特に摂取すべき栄養素「葉酸」

 

「葉酸」はビタミンB群の一種で

赤ちゃんの正常な発育には

欠かせない栄養素です。

 

厚生労働省からも妊婦さんに向けて、

積極的に「葉酸」を摂取しましょうと

推奨しています。

 

 

妊婦さんが1日に摂取したい

「葉酸」の推奨量は

 

妊娠初期は400μg

妊娠中期・後期 は480μg

 

そら豆は100g当たりの

葉酸の量は250μgです。

 

生なら推奨量の半分ぐらい摂取できるのですが、

茹でると120μgになります。

 

それでも1日に必要な葉酸の量の約1/4も

そら豆から摂ることができます。

 

 

そら豆は「亜鉛」を多く含む

 

赤ちゃんが成長していくて過程で

大量に消費されるため、

妊娠中は亜鉛が不足がちです。

 

そら豆を100g摂ることで

1日に必要な亜鉛の約1/3を摂取することができます。

 

 

そら豆は赤ちゃんの成長に

欠かせない葉酸と亜鉛を含むことから、

妊婦さんにオススメなのです。

 

 

美容にも健康にもいい「そら豆」

 

そら豆には女性にとって嬉しい美容効果があります。

 

そら豆に多く含まれる「ビタミンB2」は

皮膚や毛髪、爪などの成長を促進します。

 

老化の原因となる体内の過酸化物質の分解を

促進する働きもあり、

肌のシミやシワ、白髪などの予防をしてくれます

 

 

そら豆には利尿効果があるので、

体内にたまっている水分をスッキリ

出してくれます。

 

余分な水分を体外に出してくれるので、

むくみが解消されます。

 

 

美容だけでなく、

そら豆は

 

●「食物繊維」で便秘解消

●「ビタミンB1」で疲労回復

●「カリウム」で高血圧を防ぐ

●「鉄分」で貧血予防

 

など

カラダを健康にしてくれる

栄養素もたくさん

含まれています。

 

 

そら豆の食べ方

 

そら豆はさやから出した豆を

塩ゆでするのが一般的ですが、

茹でると栄養素が流れ出ます。

 

栄養をなるべく残したい方は

「蒸す」「揚げる」などの方法をとりましょう。

 

broadbean7.jpg

 

豆についている薄皮は口当たりが悪いので

外して食べるのが普通です。

 

でも、薄皮には食物繊維が

多く含まれており、

なるべく食べた方がいいんです。

 

旬のものは比較的、

薄皮が柔らかいので

がんばって食べてみましょう。

 

※どうしても無理なら

薄皮は食べなくてもいいです。

 

 

そら豆には妊娠さんが

特に摂りたい栄養素が含まれるので、

旬の時期には積極的に

食べるようにしましょう。

 

そら豆がおいしい時期は4月~6月




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事



コメントを残す