さつまいもの保存方法|使いかけのものや冷凍のやり方

163072

 

常温でのさつまいもの保存方法や

カットして使いかけのさつまいもの

保存の仕方。

 

そして、何もせず冷凍すると

味が落ちてしまう

さつまいもの冷凍保存のやり方などをご紹介。

 

 

常温で保存

 

さつまいもは水けに弱いので、

乾燥させた状態で

保存しないといけません。

 

もし、濡れてしまった場合は

乾燥させて水気をとりましょう。

 

乾いた土がついている場合は

洗わずにそのまま保存します。

 

 

・1本ずつ新聞紙でさつまいもを包む

 

生のさつまいもは生きており、

呼吸もしています。

 

ビニール袋で密閉してしまうと

呼吸ができなくなり、

カビが発生する原因になります。

 

さつまいもは

一本ずつ優しく

新聞紙で包んであげましょう。

 

 

・保存温度は13℃~15℃

 

さつまいもにとって理想といえる

心地いい環境は13度~15度で、

直射日光が当たらない場所です。

 

さつまいもはあつすぎると

芽が出てしまい、

(20℃を超えると発芽)

 

寒すぎると傷んで

ダメになります。

(5℃以下になると繊維が壊れる)

 

 

・湿度も大事

 

さつまいもは湿度が高いところでの

保存が好ましいです。

 

湿度が低いとさつまいもの先端部が

柔らかくなって、組織の活力がなくなり

病気になりやすくなります。

 

適正湿度は85~90%。

 

常温で保存する場合は

乾燥させたさつまいもを新聞紙で包み、

13度~15度の冷暗所で保存。

なるべく湿度が高いところが理想。

 

保存期間の目安は1ヶ月

 

 

 

163071

 

芋掘りなどでとってきたさつまいもなどは

上手に保存すれば、3ヶ月ぐらいの

保存も可能です。

 

新聞紙に包んで、ダンボールに入れ

気温が下がらない風通しのよい場合などに

保存します。

 

 

スーパーなどで買ってきたさつまいもは

出荷するときに土を落とすために洗浄しているので、

長く保存することは難しいです。

 

水洗いされた

さつまいもの表面が水分を

吸ってしまっているからです。

 

 

冷蔵で保存

 

冷蔵庫での保存は低温障害で

ダメになるので、

基本的にはNGです。

 

 

・春、夏の保存場所

 

春や夏になって、

気温が上がってくると「冷暗所」といえる

場所がなかなかありません。

 

さつまいもは暖かい環境(20度以上)だと

芽が出てしまい、

糖分を吸い取ってしまいます。

 

気温が上がってきたら、

さつまいもは冷蔵庫の「野菜室」

保存します。

 

冷蔵庫に入れるときは

新聞紙でさつまいもを包んで

冷気から守ります。

 

 

切ったものや使いかけのさつまいも

 

使いかけのさつまいもは

切り口に空気が触れないように

ラップをします。

 

全体をラップするのではなく、

切り口にだけラップで包みます。

 

水に濡らしていない場合は

ラップしたものを冷蔵で保存。

 

水に濡らした・洗ったものは

ダッパーなどに水をはって、

切ったさつまいもを完全に浸した状態で冷蔵で保存します。

 

使いかけのさつまいもの保存期間の目安は1~2日

 

使いかけのさつまいもは

非常に傷みやすいので、

冷蔵保存よりも冷凍で保存したほうがいいです。

 

 

冷凍で保存

 

さつまいもは

生のまま冷凍庫で保存すると、

味や風味が落ちてしまいます。

 

さつまいもを冷凍する場合は

加熱してから、冷凍するようにしましょう。

 

焼き芋にして冷凍

 

1.さつまいもを洗う

2.レンジやオープンを使って焼き芋にする

3.冷めたら、冷凍用保存袋に入れて冷凍

 

 

茹でてつぶしてから冷凍

 

1.皮をむいて、熱湯で茹でる

2.マッシャーで潰す

3.冷めたら、冷凍用保存袋にいれて平たくして冷凍

 

 

カットして冷凍

 

1.好きな大きさにカット

2.水にさらす(10分ぐらい)

3.電子レンジで加熱する(500wで7分ぐらい)

4.冷めたら、冷凍用保存袋に入れて冷凍

 

保存期間の目安は1ヶ月

 

 

解凍方法

 

使う日の前日などに

冷蔵庫に移して、自然解凍。

 

使う直前に電子レンジで加熱して

解凍してもOKです。

 

味噌汁の具材などにするときは

解凍せずにそのまま入れます。




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事



コメントを残す