おいしいデコポンの見分け方と栄養やカロリー

dekopon2

 

 

デコポンの見分け方

 

・皮の色が濃いもの(だいだい色がおいしい)

・持ったときに重みがあるもの

・表皮にシワがないもの

・ヘタの色が緑色は鮮度がよい

 

デコポンにはデコ(突起)があるものと

ないものがありますが、

美味しさには関係ありません。

 

デコは発芽から開花期までの

昼と夜の温度差が大きい場合に発生します。

 

また、若くて樹勢の強い木ほど

デコは出やすくなります。

 

 

スーパーなどで「不知火」と「デコポン」の

両方が売っていれば、

「デコポン」を選んだほうがいい。

 

⇒デコポンと不知火の違い

 

デコポンとは不知火の中でも

厳しいチェックを受けたものだけが

名乗ることができる「不知火のエリート」なのです。

 

しかし、経済連やJAを通さず

個人(農園独自)で販売されいるものに関しては

「不知火」という名でも美味しいものがあります。

 

 

デコポンに含まれる栄養

 

ビタミンC

 

デコポンには「ビタミンC」が豊富に含まれており、

2つ食べれば、成人の1日に必要な

摂取量を摂ることができます。

 

ビタミンCはお肌の美容や健康、

風邪などの予防に効果があります。

 

 

ビタミンP(ヘスペリジン)

 

ビタミンPは毛細血管を強化し

血流を改善する働きがある。

 

また、不安定なビタミンCの働きを

安定させ吸収をサポートしてくれます。

 

薄皮(白いところ)にヘスペリジンが含まれているので、

剥がさずにそのまま食べるようにしましょう。

 

 

ペクチン

 

薄皮には腸の働きを整えてくれる

食物繊維「ペクチン」が含まれます。

 

「ペクチン」を摂ることで

便秘や下痢などを解消する効果が

期待できます。

 

 

カロテン(β-クリプトキサンチン)

 

β-クリプトキサンチンは骨粗しょう症の予防、

発ガン物質などの有害物質が

体内の健康な細胞を傷つけるのを防いでくれます。

 

 

クエン酸

 

疲労回復や血流の改善、

美肌効果もあります。

 

 

カリウム

 

ナトリウムの排泄を促進して、

むくみ解消や高血圧予防に効果的です。

 

 

他にも「マグネシウム」「カルシウム」

ビタミンA・B1が含まれ、

カラダに嬉しい栄養がたくさん含まれています。

 

 

デコポン1つのカロリー

 

デコポン1つのカロリーは

一般的な大きさだと

80kcal

 

80kcalといえば、

バナナの小サイズ1本のカロリーと一緒ぐらいです。

 

食べ過ぎには注意して、

1日に1~2コたべれば

栄養もとれて、カラダに良い果物といえるでしょう。




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事



コメントを残す