おいしい白菜の選び方と効果・効能。ダイエットにはいいの?

161301

 

おいしい白菜の選び方

 

まるごとの場合

 

・葉先までかたく巻いてるもの

・持った時に重みがあること

・外葉は緑色が濃くて、黄ばんでいないものがいい

・おしりの部分が白いもの

 

 

重さとおしりは要チェック!

 

ふかふかとした軽い白菜は

葉の枚数が少なく

味が劣ります。

 

外葉がいい感じと思っても、

芯だけが傷んでるということがあるので

おしりは必ずみましょう。

 

 

カット白菜の場合

 

・切り口がみずみずしく白いもの

・葉が隙間なくつまっているもの

・芯の高さは1/3以下

・半分にカットしたものは断面が水平

 

芯が盛り上がっているもの、

青いものは

かなり日にちが経っているものなので

選ばないようにしましょう。

 

 

白菜の効果・効能

 

がん予防効果

 

白菜はアブラナ科の野菜なので、

グルコシノレート」という成分が

含まれています。

 

このグルコシノレートは加熱しても

分解されず、体内に入ると

肝臓へといきます。

 

そして、肝臓の解毒作用を

活性化してくれます。

 

発がん物質を食べさせた動物に

グルコシノレートを与えると、

がんの発症が抑制されたという報告があります。

 

アメリカの国立がん研究所は

アブラナ科の野菜を

がん予防食品として認めています。

 

白菜には発がん物質の吸収や

蓄積を防ぐ「モリブデン」という

微量ミネラルも含まれています。

 

この2つの成分が含まれているので、

白菜にはがんを予防する働きが

期待できます。

 

 

高血圧を予防

 

白菜にはそれほど含有量が

多いわけではないですけど、

食物繊維が含まれています。

 

白菜は1度にたくさん食べることの

できる野菜なので

食物繊維の効果は充分期待できます。

 

食物繊維は便秘を解消する効果があります。

 

便の量が増えることにより、

大腸がキレイになるので

大腸がんの発生を抑制すると考えられます。

 

食事から摂ったコレステロールや糖質を

体外へ排出してくれるので、

高脂血症や糖尿病の予防にも役立ちます。

 

 

白菜にはカリウムが多く含まれています。

 

カリウムは血圧を上げるナトリウムを

体外へ排出する働きがあります。

 

食物繊維にもナトリウムを

体外へ排出する働きがあります。

 

カリウムと食物繊維の両者の働きにより、

白菜は高血圧を予防する効果が

期待できるのです。

 

漬物の白菜はナトリウムが多すぎるので

高血圧の予防は期待できません。

 

 

むくみ改善

 

白菜は水分が多く、

利尿作用があるカリウムが含まれているので

むくみ改善に役立ちます。

 

 

風邪などの予防と美肌効果

 

白菜にはビタミンCが含まれています。

ビタミンCには免疫機能を強くして、

病気を予防する効果。

 

酸化防止による美肌効果などが

期待できます。

 

水や熱に弱いビタミンCですが、

薄味の浅漬けや

スープや鍋にして汁ごと食べると、

ビタミンCを取り入れることができます。

 

 

ダイエットにはいいの?

 

カリウムの利尿作用によって余分な水分や

ナトリウムを排出するので

むくみは解消されます。

 

見た目はスッキリします。

 

でも、カリウム自体に体脂肪を減少させるような

直接的なダイエット効果は

残念ながら、ありません。

 

 

白菜は低カロリーなのに栄養素が多くて

ダイエットに役立つ野菜といえますが、

白菜だけを食べて

痩せるということはないでしょう。




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事



コメントを残す