パクチーのアンチエイジングやデトックス効果について【あさイチ】

Fotolia_90799748_XS

 

空前のパクチーブームということで

『あさイチ』でパクチーが紹介されました。

 

あのニオイで苦手な人も多いですが、

パクチーには素晴らしいアンチエイジング効果や

デトックス効果があります。

 

 

パクチーの抗酸化力が凄い!

 

抗酸化力というのは

細胞を若く保ち、

体がサビないようにする働きのことです。

 

 

普通に生活しているだけ(呼吸など)で

体に活性酸素ができます。

 

適量であれば、

活性酸素というの

ばい菌や細菌から細胞をガードする役割があります。

 

 

16101721

 

しかし、激しい運動や

ストレスなどで活性酸素が増えすぎると

老化の原因になります。

 

・動脈硬化

・心筋梗塞

・糖尿病

 

などの怖い病気を招くこともあります。

 

 

この増えすぎた活性酸素を取り除くために、

抗酸化力が高い野菜をたべることで

活性酸素が減り、アンチエイジングにもつながります。

 

 

野菜の抗酸化力

 

「あさイチ」ではパクチーの抗酸化力を

調べるために東京工科大学の後藤正男さんが

開発した測定器をつかいました。

 

この測定器はこれまでのと比べると

60倍はやくなります。

 

番組ではまず、

抗酸化力が高いといわれる

トマトの数値を測定。

 

 

結果は0.552

 

0.5というのは

野菜の中ではある程度は

高い数値なります。

 

 

そして、

パクチーの数値は測定した結果は

 

3.943

 

トマトの7倍も

パクチーは抗酸化力があることがわかりました。

 

 

抗酸化力が高いといわれる

他の葉物野菜とパクチーを

比較した結果。

 

16101727

 

パクチーがダントツに高いことがわかります。

 

 

パクチー100gの抗酸化力に相当するのは

ほうれん草だと1kgたべないといけません。

 

 

 

パクチーの香りパワー

 

人が感じる植物からくる香りというのは

300から500という、ものすごい数の成分が

混ざったものです。

 

香りの成分は

呼吸や肌吸収により、

血中に入って、体に作用していきます。

 

 

25010845_s

 

パクチーの種に多く含まれる

「リナロール」という香り成分があります。

 

このリナロールには

ヒアルロン酸の分解を

抑制する働きがあります。

 

ヒアルロン酸の量が減ると

弾力と潤いがなくなって、

肌荒れやカサつきの原因になります。

 

 

香り博士の宮澤三雄さんによると

香りを嗅ぐだけで、

 

「お肌を若返らせることが

できるかもしれない」ということです。

 

※あくまでも、「かもしれない」のお話です。

 

 

パクチーの香り効果を期待して、

パクチーのアロマオイルをつかった

マッサージがあります。

 

マッサージをしている方によると、

パクチーのアロマオイルは

「ふわ~っと」と幸福感に

包まれるようなステキな香りになるようです。

 

実際に体験した人も

ヨダレが出るほど

幸福感に包まれていました!

 

 

「リナロールの香り」は

紅茶のアールグレイの香りで

いいニオイがします。

 

パクチーといったら

カメムシのような香りが

思い浮かぶと思います。

 

あの香りはパクチーの葉や茎に

含まれる「デセナール」という成分に

よるものです。

 

デセナールという成分は

臭いですが、

素晴らしい効果があります。

 

 

パクチーのデトックス効果

 

デセナールだけではないですが、

パクチーの中に含まれるニオイのする

化学成分のいくつかが、

 

体の中に入ってくる

化学物質の解毒や排せつ

促すことがわかっています。

 

 

アジアの一部地域では

井戸水に含まれるヒ素による健康被害が

問題になっています。

 

ヒ素を含む井戸水を飲むと

手足の皮膚が角化します。

 

しかし、パクチーをたくさん

食べるベトナムだけは

ヒ素による健康被害が少なかったのです。

 

このことに注目した

筑波大学の研究員の1人が

パクチーの解毒作用を2年ほど費やして、研究。

 

その結果、

パクチーはヒ素の毒性を軽減し

さらに排出を促進することを

突き止めました。

 

 

そして、ヒ素以外にも

細胞研究の段階ではありますが、

 

タバコや工場の煙などに含まれる「ナフトキノン」

海産物の一部に含まれる「メチル水銀」

米、野菜、果実、肉、魚などに含まれる「カドミウム」

 

などの有害な化学物質を

排出も促進すると

予測しています。

 

 

ヒ素以外のデトックス効果については

まだ研究段階でハッキリしたわけではありません。

 

でも、これからの研究で、

明らかになっていくと思われます。

 

※体にいいからといって、

パクチーの食べ過ぎだけには

気をつけましょう。

 

⇒パクチーを食べ過ぎるとどうなる?




スポンサーリンク



関連記事はこちら

関連記事



コメントを残す